【この差】「2種類のフランス国旗」の差

専門家:吹浦忠正(世界の国旗に学ぶ会 会長)

 

【この差】は…

 3色の色の幅の差

 

【この差】のポイント!

 海上で使う国旗は、風でなびいても3色の幅が同じに見えるように工夫している。

 

2種類の国旗を持つ国がある?!

国旗は各国1種類しかないと思いがちだが、フランスには2種類の国旗がある

トリコロールと呼ばれる「フランス国旗」は、「自由」・「平等」・「友愛」を意味する3色でデザインされている。

一見同じように見える2種類のフランス国旗だが、国旗Aと国旗Bには大きな差があった

 

2種類の国旗の差は?

3色の色の幅が違う

国旗Aは、3色の色の幅が3等分になっており、国旗Bは、青:白:赤の幅が30:33:37になっている。

国旗Aは陸上で使い、国旗Bは海上で使う国旗になっている。

 

なぜ海用の国旗は3色の幅に差がある?

もし3色の幅が3等分されている陸用の国旗Aを海上で使用した場合、風になびいた時に旗竿から遠い白と赤が狭く見えてしまう

そこで白と赤の幅を広くし、3色の幅が均等に見えるように工夫してつくられている

3色旗はたくさんあるが、どの国も3等分で、比率を変えているのはフランスだけ

 

日本の国旗にも差がある?!

日本の国旗Aと国旗Bの差は?

1つ目の差は、白地の色

国旗Aはやや高級感のあるオフホワイトやアイボリーホワイトに近い。国旗Bは白度の高い真っ白

2つ目の差は、円の大きさ

国旗Aは円が縦の幅の3/5なのに対し、国旗Bは縦の幅の2/3の大きさになっている

 

なぜ日本には2種類の国旗がある?

国旗Aは1964年(昭和39年)の東京オリンピックのとき、国旗Bは1998年(平成10年)長野オリンピックのときに使ったもの。

冬のオリンピックは背景が雪と氷なため、白くないと汚れて見えてしまい、円が小さいと貧弱に見えるため大きくした

 

【minnano編集部】
フランス国旗が2種類あるとは全く知りませんでした!

風になびいた時のことを考えて微妙に色の幅を変えているとは、フランス人の美意識の高さに驚きです!

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年9月13日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)