【この差】「主婦が作るみそ汁」と「プロが作るみそ汁」の差

専門家:鈴木好次(割烹「すずき」

 

【この差】は…

 ナスの火の通し方の差

 

「主婦が作るみそ汁」と「プロが作るみそ汁」にはどれくらい差があるのか?

普通の主婦とプロの料理人に、同じ食材、同じ家庭用コンロ・キッチン用品を使って「ナスのみそ汁」を作ってもらった。

2人の作る「ナスのみそ汁」には大きな差が!

 

ナスの火の通し方の差

主婦は、洗ったナスを輪切りにし、沸騰したお湯に顆粒ダシを入れて、そこにナスと油揚げを入れ、火が通ったら白みそを溶いて完成。主婦のみそ汁は黒っぽくなっていた。

プロの料理人は、みそ汁が黒くならないように、1度ナスを焼いて皮を取り除く

みそは、「白みそ7:赤みそ3」で合わせる。みそを合わせることによって、よりコクのあるみそ汁になる。

みそを汁を1度こす。こうすることによって、大豆かすを取り除き、よりのどごしのいいみそ汁になる。

再度火にかけて油揚げを入れ、最後に顆粒ダシを加える。顆粒ダシは最後にいれた方が風味が残ってより美味しくなる。

皮をむいた焼きナスをお椀に盛り、みそ汁を注ぐ

かくし味にからしをのせたら、完成

 

【minnano編集部】
「ナスのみそ汁」、たしかに黒っぽくなってしまいますよね。

ナスは焼きナスにして、おみそ汁を注ぐとは驚きです!いつもの「ナスのみそ汁」とはだいぶ違って、家族もビックリしそうですね!!

みなさんの感想やエピソード、オススメのみそ汁レシピなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年9月13日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)