【この差】「チョコ」のケーキは「チョコケーキ」なのにイチゴのケーキは「ショートケーキ」の差

専門家:宮永奈津紀(株式会社不二家

 

【この差】は…

 日本で最初に「ショートケーキ」を販売した不二家の創業者がアメリカの「ショートニング」を使ったケーキを参考に作り名付けたか どうか

 

【この差】のポイント!

 〇 日本の「ショートケーキ」は、「ショートニング」を使っていない!

 

不二家が、最初にイチゴを使ったケーキを「ショートケーキ」で販売



大正11年に「ショートケーキ」を販売したと言う記録が残っているので、おそらくそれが最初であると言われている。

なぜ、イチゴを使ったケーキを「ショートケーキ」という名前で販売したのか?


不二家の創業者の藤井林右衛門がアメリカにケーキの視察に行ったことがキッカケだったと言われている。

明治43年、藤井林右衛門は、横浜・元町に 洋菓子店「不二家」をオープンした。

開店から2年後の大正元年に、新商品開発の視察のため、アメリカへ渡った。

その際、ある洋菓子店で出会ったのが、当時アメリカで流行っていた「ショートケーキ」。

これは、「スコーン」のような生地で、「イチゴ」や「生クリーム」などを挟んだケーキだった。

そこで、「なぜショートケーキと言うのか?」と聞いたところ、作る時に、「ショートニング」を使っているからだと答えた。

「ショートニング」とは、「植物性油」や「動物性油」を固形状にした油脂のことで、「ビスケット」などのお菓子を作る時に生地をサクサクにするために使う材料。

つまり、「ショートケーキ」の「ショート」とは、生地に使う「ショートニング」からきている。

なぜ、アメリカの「ショートケーキ」は「サクサクした生地」、日本は「フワフワのスポンジ生地」?


アメリカで「ショートケーキ」の美味しさに感動した藤井林右衛門は、日本に帰国後、アメリカの「ショートケーキ」を参考に「新しいケーキの開発」を始める。

しかし、「アメリカのショートケーキ」は美味しかったけど固いし、サクサクした食感の生地は日本人の口には合わないかもしれないと思った林右衛門は、どのような生地にすれば良いのか、悩んでいた。

そんな、ある日、目に止まったのが「カステラ」。日本人はカステラが大好きだから、フワフワのスポンジ生地で作れば、日本で人気になるに違いないと考えた。

大正11年に、生地は「カステラ」のような「スポンジ生地」、その上に、「生クリーム」や「イチゴ」「みかん」「桃」などのフルーツをのせた「ホールケーキ」を作った。

そして、その商品名は、生地に「ショートニング」は使っていないが、「アメリカのショートケーキ」を参考にしたから、ショートケーキという名前にしようとなり、「日本版のショートケーキ」が誕生した。

そのため、今でも「不二家」では、「イチゴ」などのフルーツを使った「ホールケーキ」も「ショートケーキ」という商品名で、販売している。

「イチゴを使ったケーキ」が「ショートケーキ」になったわけとは?


昭和になると、林右衛門は、「生クリーム」と一番相性の良い「イチゴ」だけを乗せた「ショートケーキ」を作るようになった。

それが、とても美味しいと評判になり、全国の洋菓子店でも「イチゴのショートケーキ」を作るようになった。

そのため、「イチゴを使ったケーキ」が「ショートケーキ」として定着した。


 

【minnano編集部】
子どもの頃、母親に聞いていた「気になる差」がスッキリしました。これで、自分の子どもにはちゃんと答えてあげられそうです。

「ショートニング」を使っていないけど、参考にしたアメリカ版「ショートケーキ」を食べた感動を忘れないようにしたのかな?と思いをはせてしまいました。
ひさしぶりに、不二家の「ショートケーキ」を食べたくなりました。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年3月5日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)