【この差】家庭で実践「肩のゆがみ(巻き肩)」の劇的改善方法!セルフチェック!伝授SP

専門家:栗原隆(栗原隆ウェルネスクリニック 院長)

 

【気付かないうちに生じている「肩のゆがみ」】は…

 〇「巻き肩」。「肩甲骨ぐるぐる体操」で改善を!

 

【この差】のポイント!

 〇 危険性をチェックして、家庭でもできるセルフチェックや改善方法を試そう!

 

気付かないうちに生じている「身体の問題」とは?


実は近年、様々な生活環境の影響で、気付かないうちに、私たちの体に「ある問題」が起こっている。それが、体の「ゆがみ」!

例えば、運動不足によって、足の筋肉が衰えて、ヒザが開いてしまったり、体に負担がかかる、「悪い姿勢」を続けることで、背骨がゆがんで、腰が曲がってしまうなど。これらの「体のゆがみ」を放っておくと、ヒザ痛や腰痛だけでなく、歩行困難などの重病に発展してしまう危険性がある。

そこで今回は、ゆがむことによる「危険性」、ゆがみを自分で発見出来る「セルフチェック法」、さらに、その「改善方法」を専門医に教えてもらう。

「肩」の変形:「巻き肩」とは?

このライフスタイルの変化で起こる肩の変形が「巻き肩」。

「巻き肩」とは、両肩が胸より前に出てしまって、内側に向いていること。

「猫背」とは違う。似てはいるが、根本的に違う状態。「猫背」は、背骨が曲がることで、背中の縦ラインが丸まってしまっている状態。

一方、「巻き肩」は、肩が内側に巻き込んで、左右の肩を結んだラインが丸まっているという状態。

一番原因として考えられるのは、やはり長時間のパソコンの使用。パソコンの使用によって、こういった「巻き肩」の症状を引き起こしている方はかなり多い。

さらに「横向き寝」をする方も「巻き肩」になりやすい。横向きで寝ることが多い方は、寝ている間に肩に上半身の体重が集中してしまう。無意識に楽な姿勢をとろうとして、肩を前に突き出して寝るクセがついてしまい、その結果、「巻き肩」になってしまうとのこと。

危険性とは?

「巻き肩」になると、まず「肩回りの血流が悪化」する。

そのことで「慢性的な肩コリ」や「首のコリ」を引き起こす。

さらに、「巻き肩」が悪化してしまうと、前に飛び出た肩の筋肉によって、胸や肋骨の筋肉とか骨が圧迫されて、肺に常に負荷が掛かってしまう。

最悪の場合は「呼吸障害」になってしまう危険性もある。

セルフチェック法とは?

「巻き肩」のセルフチェック法。「巻き肩」をチェックするには、まず肩幅に楽に足を開く。

その状態で普通にバンザイをする。

出来る限り、耳のほうに手をつけながら、グッと、腕を限界まで後ろに倒していく。

この時に、両腕が耳よりも後ろに行けば正常。

両腕が耳よりも後ろに行かない人は、「巻き肩」になっている可能性が高い。


改善方法とは?

「巻き肩」を改善する体操としては、「肩甲骨ぐるぐる体操」が効果的!

やり方はとっても簡単!まず、右手で右肩をつかむ。

そして、左手で右脇から肋骨あたりを押さえて、上半身を固定。

この状態で、肩甲骨を意識しながら、右肩を大きく回していく。

この時に、ヒジで大きく円を描くように回すと、肩甲骨の周りの筋肉がほぐれて、「巻き肩」を改善することが出来る。

肩甲骨をしっかりと背中に引き付けるようなイメージで、そこからグッと前に振りかぶるようなピッチャーが投げるような感じで10回まわす。

反対の肩も同じように10回まわす。

この「肩甲骨ぐるぐる体操」は、簡単に出来て、「巻き肩」ではない人も、肩こりが楽になる。

この体操を、朝起きた時と、夜寝る前の、1日2回、両肩それぞれ10回ずつ行うと、「巻き肩」の改善につながる。

 

【minnano編集部】
気付かないうちに生じている「体のゆがみ」の差は、いかがでしたか?

「ストレートネック」はよく聞きますが、「巻き肩」は聞いたことがなかったです!でも思いたる症状はあったので、さっそくセルフチェックと改善方法を試したいと思います。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年4月2日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

free