【この差】家庭で実践「ストレートネック(首のゆがみ)」の劇的改善方法!セルフチェック!伝授SP

専門家:栗原隆(栗原隆ウェルネスクリニック 院長)

 

【気付かないうちに生じている「首のゆがみ」】は…

 〇「ストレートネック」。「フェイスタオル ストレッチ」で改善を!

 

【この差】のポイント!

 〇 危険性をチェックして、家庭でもできるセルフチェックや改善方法を試そう!

 

気付かないうちに生じている「身体の問題」とは?


実は近年、様々な生活環境の影響で、気付かないうちに、私たちの体に「ある問題」が起こっている。それが、体の「ゆがみ」!

例えば、運動不足によって、足の筋肉が衰えて、ヒザが開いてしまったり、体に負担がかかる、「悪い姿勢」を続けることで、背骨がゆがんで、腰が曲がってしまうなど。これらの「体のゆがみ」を放っておくと、ヒザ痛や腰痛だけでなく、歩行困難などの重病に発展してしまう危険性がある。

そこで今回は、ゆがむことによる「危険性」、ゆがみを自分で発見出来る「セルフチェック法」、さらに、その「改善方法」を専門医に教えてもらう。

「首」の変形:「ストレートネック」とは?

近年のライフスタイルの変化により起こる首の変形が、「ストレートネック」!

これは本来、人間の首の骨というのは真っ直ぐ立った時に、緩やかにカーブをしているが、この首の骨のカーブが「変形」してしまい、真っ直ぐになってしまった状態を「ストレートネック」という。

「ストレートネック」が増えている一番の原因が、長時間、うつむいた姿勢で画面を見ている「スマホの普及」だと考えられている。

危険性とは?

「ストレートネック」になってしまうと、どのような危険性があるのか?

本来、人間の体というのは、「首の骨がやや前側にカーブ」することで、頭の重量を背骨で支えている。

しかし、首の骨がまっすぐになってしまうと、頭の位置が背骨より前に出てしまって、頭の重量を全て、肩の筋肉だけで支えることになってしまう。

その結果、肩の筋肉を通常の何倍も酷使することになるので、肩や首のコリの原因となる。

さらに、頭の重量は、およそ5kg!ボウリングの球ほどの重さがある!

そのため、それを肩だけで支え続けていると、「めまい」や「偏頭痛」に発展してしまう 恐れもある。

セルフチェック法とは?

「ストレートネック」のセルフチェック法。「ストレートネック」をチェックするには、「壁ピタ3点チェック」が1番効果的。

その方法は、まず、力を抜いて、壁を背にして立ち、「かかと」、「お尻」、「肩」を壁に付けた時に、頭が壁に付けば「正常」。

しかし、肩こりに悩む方が「壁ピタ3点チェック」をやってみると、頭の後ろは付かなかったりする。

改善方法とは?

「ストレートネック」改善には、「フェイスタオルストレッチ」が効果的!

まずフェイスタオルを両手で持つ。これを首の後ろの真ん中辺りに当てていく感じ。

次に両手を斜め上に引っ張り 頭を少し倒す。

両手で「タオル」を 前方に強く引っ張ったまま、首でタオルを後ろに押していく。

そして、それを保ったまま ゆっくりアゴを引いていく。この引きつけた状態で5秒間くらいキープしていく。

この「フェイスタオルストレッチ」を行うことで、首の正常なカーブを取り戻すことができる。

この「フェイスタオル ストレッチ」を「5秒間を5セット」「朝と夜」に行い、それを1か月程度 続けることで、「ストレートネック」改善の効果が期待できる!

実際に、ストレートネックで悩んでいた人が、ストレッチを1か月間続けたところ、首のカーブを取り戻すことができた。

 

【minnano編集部】
気付かないうちに生じている「体のゆがみ」の差は、いかがでしたか?

私のまわりにも「ストレートネック」に悩む方が多いので、是非教えてあげたいですね。私も「ストレートネック気味」なので、さっそくセルフチェックと改善方法を試したいと思います。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年4月2日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)