【この差】菅官房長官の発表の漢字は書道的には・・・!?新元号「令和」の「令」の字にまつわる差

専門家:山口謠司(大東文化大学 文化部准教授)

 

【この差】は…
 〇「明朝体」か 「楷書体」か どうか

 

【この差】のポイント!

 〇「明朝体」は、実は印刷屋さんの都合でつくられた字体だった。

 

「令」の字、大きく2種類ある。


1つ目は、新年号が発表された時に使われていた「令」の字の「下の字が漢字の刀のような形」の字、もう1つが「下の部分がカタカナのマの形」。どちらの文字も使ってよい字。


2種類の「令」の字、そもそもどちらが先にできたのか?

実は、先にできたのは「マ」のような形の「令」。

元々この漢字は、どのようにして生まれてきたかと言うと、「象形文字」。

「令」の字は、「令和」の由来となった「令月」のように、「美しい」という意味もあれば、

「命令」や「指令」などの熟語にも使われているように、「いいつける」という意味もある。

この「令」は、建物の下で「いいつけ」を聞いている様子から生まれた象形文字だった。

だいたい7世紀くらいに今の形になっている。


なぜ「令」は、カタカナの「マ」のような形から、「刀」のような形に変わったのか?

もう一方の下の部分が「刀」のような形の「令」は、16世紀、中国に「明」という王朝があった「明の時代」に作られた。

実は、この「令」の字、「木版印刷」がきっかけで、カタカナの「マ」から「刀」のような形に変わった。

当時は、木に文字を彫って版画のように印刷する「木版印刷」で、書物などが作られていた。

その時に、鋭角に彫っていくと、とっても彫りにくかった。

そこで、彫りやすいように、「マ」の「鋭角の部分」を直角にした。

それから最後の「点の部分」も、彫刻刀を木目に対して、斜めに入れるのではなく、

まっすぐ入れてった方が彫りやすかった。

つまり、「刀」のような形に変わったのは、実は印刷屋さんの都合だった。

「明朝体」とは、「木版印刷」の際に彫りやすいようにアレンジされた文字!

実は、皆さんがよく聞く「明朝体」とは、「木版印刷」の際に彫りやすいようにアレンジされた文字だった。

それが印刷物として広まり、「明」の王朝の時に作られた書体なので、「明朝体」と呼ばれるようになった。

ほかにも「心」や「近」なども「明朝体」の代表的な字といえる。


新元号「令和」の発表は「明朝体」だった



一般的に、書道の時は「楷書体」で書かれるが、今回の新元号発表の文字は「明朝体」だった。

参考までに、今回番組では、「楷書体」と「明朝体」の「令和」を比較してみた。

スタジオの反応は、新元号発表の場では「明朝体」のほうが好印象との意見だった。

 

【minnano編集部】
今回の元号発表は、大東文化大学の先生が書かれたとのことですが、あえて「明朝体」にしたんでしょうね♪

真意や背景はわかりませんでしたが、私もスタジオの皆さん同様に「明朝体」の「令」のほうがよさそうに見えました♪みなさんはどうですか?

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年4月16日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)