【この差】久本雅美ピンチ!?多くの人が間違っている薬の飲み方の差

専門家:川口翔子(薬剤師)

 

【この差】は…

 〇「カプセル」の薬の飲み方は、「下を向いて飲む」。
 〇「薬」は「お水」と一緒に飲む。ミネラルウォーターの場合は「軟水」で。
 〇「目薬」は、陽の当たらない常温の場所で保存。冷蔵庫などで「凍結」すると成分が変化。

 

【この差】のポイント!

 〇わからないことは、専門の方に聞くことがオススメ!

 

多くの方が勘違いして覚えている?正しい薬の飲み方とは?

多くの人が間違っている薬の飲み方がある!そこで今回は、多くの人が間違っている薬の飲み方の差、間違った認識を正してもらう。

専門家によると、「やはり勘違いして覚えてらっしゃる方も、すごく多いかな」とのこと。

「食後」と書かれた薬の飲み方とは?


「食後」と書かれた薬は、胃が荒れてしまうため、「必ず何かを食べてから飲まなければならない」というのは、

実は、間違い!

現在は、薬が進化しているため、「空腹時に飲んでも胃が荒れる」ことはほとんどない。

「食後」と書かれた薬があるのは、

「食後」と書いてあれば、毎回決まった時間に薬を飲み、飲み忘れを防ぐことができるから!

薬を飲み忘れたら、次にまとめて飲む?

薬を飲み忘れたから場合、次の食事の時にまとめて飲むというのは、

もちろん間違い!

もし、飲み忘れても、一度に飲む容量は必ず守ること!

薬は「上を向いて飲む」のは正しい?


薬を飲むときに、「上を向いて飲む」皆さんが多いが、

実は、「薬の中には上を向いて、飲むべきではない薬」がある。

「粉薬」、「錠剤」、「カプセル」、この3つの薬の中で、

上を向いて飲まない方が良い薬は「カプセル」。


なぜ「カプセル」は上を向いて飲んではいけないのか?

「上を向いて飲んではいけない薬」のポイントは、「薬が水に浮くかどうか」という所。

実際に、「粉末」と「錠剤」、そして「カプセル」の3つの薬を水に入れてみると、「カプセル」だけが水に浮く。

実は「カプセル」のように水に浮く薬は、「上向きで飲まない方が良い」!

「水に浮く薬」を上向きで飲むと危険とは?

「水に浮く薬」を上向きで飲むと危険な理由は、「カプセル」の薬を水と一緒に、上向きで飲もうとすると、薬が口の中で浮いてしまう。

そうすると、水だけ先に飲んでしまい、最後まで「カプセル」が残ってしまう可能性がある。

「カプセル」が喉に張り付いてしまい、そこを荒らしてしまうということも起こったりする。

さらに、上を向いた時、気管の入口が普段より開くため、カプセルが誤って「気管」に入ってしまう可能性もあり、とても危険!

「カプセル」の薬の飲み方とは?

「カプセル」の薬の飲み方は、「下を向いて飲む」と良い!

下向きになると、気管の入り口が閉じることに加え、水に浮いた「カプセル」の薬が、喉の近くまで流れてくるので、「カプセル」を水で流し込むことができる。

「栄養ドリンクと風邪薬を一緒に飲む」は正しい?

「栄養ドリンクを市販の風邪薬と一緒に飲む」のは、間違い!

これは、「栄養ドリンク」に含まれている「カフェイン」に問題がある。

そもそも風邪薬には、「カフェイン」が含まれているものが多く、「栄養ドリンク」にも「カフェイン」が含まれているモノが多いため、

風邪薬を一緒に飲むと 「カフェイン」の取りすぎになり、「頭痛などの副作用」を引き起こす可能性がある!

「風邪薬」と一緒に飲んでよいのは?

「お茶」や「コーヒー」も避けて、基本的に、薬は「お水」と一緒に飲むようこと!「白湯」は飲んで大丈夫。

「ミネラルウォーター」には注意が必要!

しかし、「水」といっても「市販のミネラルウォーター」で飲むときには注意が必要!出来れば「軟水」がオススメ。

「硬水」は「ミネラル」がたくさん含まれているため、お薬によっては、「ミネラル」と結合してしまって、吸収されなくなってしまう薬もある!

薬を飲んでいる時に「お酒」はNG!

例えば、食後30分以内に薬を飲めと言われて、お水で飲みました。落ち着いて、ちょっと一杯作ろうかなと思って、ウィスキーなんか飲むのはNG!

お酒は基本的には、控えて欲しい。

理由は、薬とアルコールを一緒に飲むと、

どちらも肝臓で分解されるため、肝臓に負担がかかりすぎてしまうため!

花粉の時期などは、毎日お薬を飲む方が多いが、薬剤師としては、やはりアルコールは控えて欲しいとのこと。

「目薬を冷蔵庫に保存」は正しい?

「目薬を必ず冷蔵庫で保存する」は、間違った常識!

特に夏場などは、冷えて気持ちがいいという所もあり、冷蔵庫でも差し支えはない。

しかし、ただ一点、「凍結」という所だけは注意して欲しい!

目薬が「凍結」してしまうと成分が損なわれてしまうため、

「陽の当たらない常温の場所」で保管がオススメ!

目薬の「使用期限」とは?

目薬には必ず「使用期限」が書いてあるが、実は!この「使用期限」の認識も多くの人が間違っている!

この「使用期限」は、「未開封の時の使用期限」!開封をしてしまった後は、適用されない!

それでは、開封したらどれくらいか?というと、1週間や1ヶ月といったものがあるので、分からないことは、専門の方に聞くようにとのこと。

 

【minnano編集部】
「カプセル」は下を向いて飲むというのは、驚きでした!

私も、久本雅美さんのように、「カプセル」も含め「薬」は上を向いて飲んでいました。子どもにも教えていたので、さっそく直さないと!!

あと「目薬」も「熱いと悪くなる?」と思い「冷蔵庫保存」だったので、「凍結」には気を付けたいですね。夏は冷蔵庫の温度も下げがちなので。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年5月28日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)