【この差】上地雄輔は「ダブル派」!「トイレットペーパー」の選び方の差

専門家:

 

【この差】は…

 〇「シングル」のトイレットペーパーは経済的で長持ち
 〇「ダブル」のトイレットペーパーは肌触りが良い か どうか


 

【この差】のポイント!

 〇「シングル」のトイレットペーパーの方が1ロールあたり14回多く使える!

 

「ダブル」のトイレットペーパーとは?

そもそもトイレットペーパーには、「表面」と「裏面」がある。

「シングル」の場合、「表面」はツルツルに、肌触り良く、作る事ができるが、

「裏面」はザラザラと、肌触りが悪くなってしまう。

そこで、紙の「裏面」同士を合わせて、

両面ともツルツルにしたのが、「ダブル」のトイレットペーパー。

「シングル」と「ダブル」の長さの差!?

「シングル」が1ロールの長さが60メートルなのに対し、「ダブル」は1ロールが30メートルと、どうしても短くなってしまう。

つまり、「シングル」のトイレットペーパーは経済的で長持ち、「ダブル」のトイレットペーパーは肌触りが良いという差がある!


スタジオ出演者は、「シングル派」、「ダブル派」?

ちなみに、今回のスタジオ出演者のうち上地雄輔さんや久本雅美さんをはじめ4名が「ダブル派」、指原莉乃さん、安田美沙子さんの2名が「シングル派」とのこと。

「シングル派」の指原莉乃さんは「なんかずっとそうだから。実家はダブルだったんですけど、一人暮らしを始めてからシングルになって、流れでそのままになっちゃいました」、安田美沙子さんは「なんかダブルはすぐ無くなっちゃう気がして、関西人でケチなんで、やっぱシングルで少なめにみたいなやっていますね」とのこと。

「ダブル派」の久本雅美さんは「ダブルにすることによって、自分が頑張ってるな、贅沢感でおしり拭いてる」、上地雄輔さんは「シングルって、巻いてる時に切れやすいイメージがあるから、そーっとやると、自分が無駄な時間を過ごしたような気がして」とのこと。

「シングル派」、「ダブル派」、一度にどのぐらい使うか?


トイレットペーパーは「シングル派」だ という人と「ダブル派」だ という人がいるが、それぞれ一度にどのぐらいの長さを使っている?

今回番組では、それぞれ100人に「一度に使うトイレットペーパーの長さ」を調査した。

その結果、「シングル派」は平均170cm、

「ダブル派」は平均140cm!

「シングル派」の方が、「ダブル派」より30cm長い結果となった!


「シングル派」、「ダブル派」、1ロールあたり何回使えるか?


それぞれのトイレットペーパーが1ロールあたり、実際に何回使えるか?

まず、「シングル」のトイレットペーパーの1ロールは60mなので、それを一度に今回の調査結果の平均170cmつまり1.7m使ったとすると、約35回使えることになる。

一方、ダブルのトイレットペーパーの1ロールは30mなので、それを一度に今回の調査結果の平均140cmつまり、1.4m使ったとすると、約21回使えることになる。

そこで、今回の調査では、「シングル」のトイレットペーパーは、「ダブル」のトイレットペーパーよりも、1ロールあたり約14回多く使えることがわかった!


 

【minnano編集部】
トイレットペーパーの「シングル派」か「ダブル派」かは、分かれますよね!

私は、指原莉乃さんと同様に「実家から離れて、シングルになり」、安田美沙子さんの「たくさん使える」理由で「シングル派」です。お二人とも代表的な意見でしたね。

でも上地雄輔さんの「切れやすい」はたまに感じるので、悩ましいですよね。あなたはどちらはですか?

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年5月28日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)