【この差】必見!「ぶどう」とは 全く見た目が違うのに!なぜ「グレープフルーツ」という名前の差

専門家:大崎秀樹(萬秀フルーツ

 

【「グレープフルーツ」と名付けられたのは】は…

 〇「ぶどう」の房のように、1本の枝に、たくさんの実を付けるため か どうか

【この差】のポイント!

 〇国産の「グレープフルーツ」の流通量は、たった0.1%~1%しかない!

 

国産の「グレープフルーツ」の流通量は、0.1%~1%?

「グレープフルーツ」は、年間を通じて、温暖な気候で育つため、日本の気候に合わない。

そのため、日本国内で流通している「グレープフルーツ」は、ほぼ100%が輸入モノ。

国産は、0.1%~1%の間、そのぐらい少ないとのこと。 

今回は、日本で数少ない「グレープフルーツ」の生産を成功させた農家、愛知県・知多半島で、グレープフルーツ農家を営む 「萬秀フルーツ」でお話しを聞いた。

「ぶどう」とは全く見た目が違うのに、なぜ「グレープフルーツ」という名前?

「グレープフルーツ」は、18世紀頃に

中南米にある小さな島国「バルバドス」でイギリス人が発見し、

「ぶどう」の房のように、1本の枝に、たくさんの実を付ける事から、

英語で「グレープフルーツ」と名付けられたと言われている!

 

【minnano編集部】
国内の生産量が少ないので、なかなか見る機会がなかったですが、「グレープフルーツ」が木になる様子は、まさに「ぶどう」ですね♪ビックリしました!

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年7月2日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)