【この差】覚えておきたいマナー♪「内のし」と「外のし」の差

専門家:井垣利英(マナー講師)

【この差】は…
〇「内のし」は、「内祝い」、「快気祝い」は、自分や身内に祝い事があった時!
〇「外のし」は、「結婚祝い」、「出産祝い」、「入学祝い」は、贈る相手に祝い事があった時!

【この差】のポイント!

〇「お見舞い」の場合、「のし」をつけない方が良い!

「内のし」と「外のし」とは?

贈り物を買った時やネットで注文する時に、「内のし」と「外のし」のどちらを選べば良いか迷うことも。

そもそも「のし紙」をかけた後に、包装紙で包むのが「内のし」、包装紙で包んだ後に上から「のし紙」をかけるのが「外のし」、一体、どのように使い分ければいいのか?

「内のし」と「外のし」の使い分け?

現在、「内のし」と「外のし」の使い分けは、配送で届ける時は、汚れたり、破れたりするのを防ぐために「内のし」を!、先方の自宅へ伺うなど持参する時に「外のし」を使う場合が多い!

しかし、実は違う!本来、「内のし」と「外のし」は「送り物の種類」によって、使い分けなければならない!

まず、「結婚祝い」は、「外のし」を選ぶ。「出産祝い」は、「外のし」。「入学祝い」は、「外のし」。「内祝い」は、「内のし」。「お見舞い」は、のしは「付けない方がいい」。「快気祝い」は「内のし」。

なぜ「結婚祝い」、「出産祝い」、「入学祝い」は、「外のし」になるのか?

「結婚祝い」、「出産祝い」、「入学祝い」が「外のし」になるのは、お祝いの気持ちを全面に出したい贈り物なので、「外のし」!

これらのお祝いは、贈る相手に、祝い事があった際の贈り物なので、「外のし」。

一方、「内祝い」や「快気祝い」は、自分や身内に祝い事があった際の贈り物なので、控えめにしたいと言う気持ちから「内のし」にする!

なぜ「お見舞い」の場合、「のし」をつけない方が良いのか?

なぜ「お見舞い」の場合、「のし」をつけない方が良いのかというと、実は「のし紙」に印刷されている模様が関係している!

これは、「紙で包まれたアワビ」を絵に書いたもので、元々は、江戸時代に高級品である「アワビ」を伸ばしたモノを贈り物に貼り付けていた!

それがいつしか模様だけを書くようになり、アワビを「のしたもの」ということから、「のし」と呼ばれるようになった!

そして、この「のし」と言う言葉が、「お見舞い」には不向き!!

病気をのばす、入院をのばすという意味になってしまうので、「のし」をつけない方が良い!

そこで、「お見舞い」の時は、「のし」がつかない掛け紙をかけるのがマナー!

 

【minnano編集部】
お店では、店員さんに相談すると「内のし」と「外のし」を教えてくれることもありますが、わからないことも多いので、覚えておきたいと思います。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年8月20日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)