【この差】回転寿司人気No.1「鮭」と「サーモン」の差

専門家:辻明宏(くら寿司 広報部 宣伝部)、中尾晋(全日本サーモン協会 代表)

【この差】は…
「鮭」は「生」では食べられないが、「サーモン」は「生」でも食べられるか どうか

【この差】のポイント!

〇「サーモン」は、餌が管理された「養殖の鮭」のこと!

回転寿司の「鮭」は、英語「サーモン」?

回転寿司チェーン、「くら寿司」で、お寿司の名前を見てみると、「まぐろ」、「えび」、「あなご」と、どれも日本語で書いてある!

しかし、「鮭」だけは、日本語の「鮭」ではなく、英語の「サーモン」。

多くの方が、「鮭」と「サーモン」は同じモノだと思っているが、実は違う!

一般的には「サーモン」って「生」で食べることができるもので、「鮭」は「生」では食べられない!

回転寿司に並んでいるものは、ほとんど「生」の魚なので、「鮭」ではなく「サーモン」!

「鮭」は「生」で食べられない?

ではなぜ、「鮭」は「生」では食べられないのに、「サーモン」は「生」でも食べられるのか?

「鮭」と呼ばれるものは基本的に「天然のモノ」!

天然は、エサとして「オキアミ」を食べる。

その「オキアミ」がたまに「アニサキス」と呼ばれる寄生虫を食べたりする。

そのため、たまに寄生虫を持ったものが出てしまう!

よって、「生」で食べてしまうと、腹痛を起こしたりすることもあり、「鮭」は生で食べず、基本先には火を通して食べるようになっている!

一方、「サーモン」というのが基本的に全部、「養殖のモノ」!

養殖の鮭である「サーモン」は、「オキアミ」ではなくて、代わりに「魚粉」であるとか「植物性のたんぱく質」を混ぜたペレット状のエサを与えている。

そのため、「アニサキス」とか寄生虫は絶対入らないので、基本的にすべて「生」で食べられる!

この特別に生食用に「養殖した鮭」のことを、日本では「サーモン」と呼んでいる!

「鮭」と「サーモン」、なぜ名前を変えたのか?

なぜ、天然は「鮭」、養殖は「サーモン」と、わざわざ名前を変えているのか?

そもそも、その昔、日本には生で食べられるの「養殖のサーモン」はなく、基本的には、加熱して食べる「天然の鮭」しかなかった!

しかし 「鮭・マス類」の「漁獲量・生産量」世界一のノルウェーでは、1970年代から「鮭」の養殖が行われており、「鮭」を生で食べることができた!

そこで、1986年、日本で漁業の仕事をしていたノルウェー人のビョーン・エイリク・オルセンさんが養殖した「生」の鮭を日本に持ち込めば、売れるかもしれないと考えた!

ただ、「鮭」って名前では、寄生虫がいると思って売れないから、「鮭」と区別して「サーモン」と名付けた!

回転寿司の「顔」、「サーモン」の地道な努力とは?

そして、オルセンさんが目をつけたのが、1980年代に増え始めていた、「回転寿司」!

当時、回転寿司店では、様々な「安くて」「新しい」メニューの開発に挑戦していた。

そこに「サーモンの寿司」を売り込んだところ、大ヒット!

その後も、回転寿司店に、ノルウェーの首相が訪れ、直々に「サーモンの寿司」をふるまう、キャンペーンや「サーモンのお寿司」を表現した一風変わった「創作ダンス」のプロモーション映像を作成するなど、国を挙げて「サーモンのお寿司」をアピールした!

この地道な努力が実を結び、オルセンさんが初めて日本に「サーモン」を持ち込んで30年、今では、【「回転寿司」でよく食べるネタランキング】8年連続、第1位!となり、回転寿司の「顔」となった!

日本全国のご当地「サーモン」とは?

実は現在、日本でもサーモンの養殖が行われるようになっていまして、全国各地で80種類以上のご当地サーモンが造られている!

例えば、こちら、愛媛県の「宇和島みかんサーモン」!「愛媛県の水産業者」と「くら寿司」が共同開発した「サーモン」!

滋賀県の「びわサーモン」は、「サケ・マス類」の中でも、最上級の旨味を誇ると言われる「琵琶湖」にしかいない天然の「ビワマス」を、15年もの歳月をかけ、養殖に成功した!

 

【minnano編集部】
回転寿司の「サーモン」は人気で、子供たちが大好きなメニューのひとつですよね。

その「サーモン」が生まれた背景には、このようなストーリーがあったんですね。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年9月10日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)