【この差】「名産地 青森県平内町で食べるホタテ料理」の差|名産地おすすめレシピ

専門家:青森県平内町の漁協のみなさん

 

よく作るホタテ料理は?

東京の主婦50人と、ホタテの名産地青森県平内町の主婦50人に、アンケートした。

<一般的な家庭のレンコン料理>
 1位:ホタテのバター焼き
 2位:ホタテのお刺身
 3位:ホッテフライ
 
 
<名産地 茨城県のレンコン料理>
 1位:ホタテのバター焼き
 2位:ホタテのお刺身


 
一般的な家庭も名産地の青森県平内町でも、1位は「ホタテのバター焼き」、2位は「ホタテのお刺身」だった。しかし、一般的な家庭で作られる「ホタテのバター焼き」や「ホタテのお刺身」と名産地で作られる「ホタテのバター焼き」や「ホタテのお刺身」には大きな差があった!

 

名産地でつくる「ホタテのバター焼き」

【作り方】

 1、「ほやき」を使って貝から外し、軽く水で洗う

※平内町では殻付きのホタテを買うのが一般的。


 
 2、バターを溶かしたフライパンで焼く

 3、「ホタテの卵」と呼ばれるホタテの生殖器をフードプロセッサーで潰し、生臭さをとるためにマヨネーズと混ぜる

※オスのホタテの卵は白っぽく、メスは赤っぽい。

 4、ホタテの上にホタテの卵のソースをのせ、さらに「塩ウニ」をのせて塩気を足したら完成

※「塩ウニ」とは、ウニを塩漬けした青森の特産品。「塩ウニ」がない場合は、ウニに醤油をかければ代用できる。

 

名産地でつくる「ホタテのお刺身」

【作り方】

 1、ホタテを縦に切り、プリプリりした食感を残す

※一般的な家庭は横に切ることが多いが、これはホタテを大きく見せるため。ホタテの繊維は縦に入っているので、横から切ると繊維を壊してしまう。

 2、ホタテの煮汁が入った「ホタテ醤油」で食べる
※市販のめんつゆでも代用できる。

 3、にんにくをすりおろして薬味にして頂く!
※青森県はにんにくの生産量全国第1位。

 

オススメ!5分でできる簡単ホタテレシピ① 「ホタテの味噌田楽」

【作り方】

 1、津軽味噌に砂糖・日本酒・みりんを加えて混ぜ合わせる
※赤味噌でも代用できる。

 2、生のホタテと長芋を入れて混ぜる
※青森県は長いモノ生産量も全国第1位。

 3、味噌ダレを絡めたホタテと長芋を竹串に交互に刺して、グリルで焦げ目ができるまで焼けば完成

 

オススメ!5分でできる簡単ホタテレシピ② 「ホタテの酢豚風」

【作り方】

 1、玉ねぎ・人参・しいたけ・ピーマン・ゴボウを炒める

 2、生のホタテに片栗粉をまぶして野菜と一緒に炒める
※ホタテは揚げると硬くなるので生のまま調理する。

 3、パイナップルの代わりにリンゴを加える
※いろどり、歯ごたえをよくするためにリンゴは皮付きのまま使う。

 4、市販の酢豚の素を加えたら完成

 

オススメ!5分でできる簡単ホタテレシピ③ 「ホタテのステーキ」

【作り方】

 1、ホタテを3個並べてベーコンで巻く

 2、サラダ油とニンニクを入れたフライパンで焼く

 3、ホタテの上にバターと卵をのせて、日本酒をかけて、フタをしめて2分間蒸し焼きにしたら完成
※日本酒がホタテの生臭さも消してくれる。

 

【minnano編集部】
名産地のホタテ料理の数々、美味しそうで今すぐ食べたいです!!

いつもとは違う名産地のバター焼きやお刺身もとても参考になりました。ぜひ試してみたいと思います!!

みなさんの感想やエピソード、オススメのホタテレシピなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年1月24日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)