【この差】 はがきのあて名をキレイに書ける人とそうでない人の差

25-minnano-hagaki
専門家:青山浩之(横浜国立大学 教授)
 
この差は・・・

まず送り先の名前から書く

郵便番号の記入欄、切手の位置を目安に書く

相手の住所は名前よりも高く書き始め、「様」より上の位置で書き終わる

まず相手の名前から最初に書く。名前を書くときには郵便番号の記入欄の最初の2つの幅を目安にし、高さは切手の貼る位置の下線から上に5mmの位置から書き始め、下は左下の郵便番号記入欄から上に5mmに合わせた位置で書き終わる。また等間隔に書くためにあらかじめ目測を計ってから書き始めるとよい。

相手の住所は郵便番号記入欄の右から1つ目と2つ目の間のラインを1行目のガイドとし、3つ目と4つ目の間のラインを2行目のガイドとする。また1行あたりの文字の幅はそれぞれ郵便番号記入欄の2つ分を目安とする。書き始めは郵便番号の下線から5mm下から始め、相手の名前の「様」よりも上で終わるように書く。
 
※詳しく知りたい方は、「2016年3月20日放送」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
pay3