【この差】「湿布をキレイに切るプロ技」の差


 
専門家:舟久保正榮(株式会社日本切断研究所 所長)

 
この差は・・・

 紙に挟んで切るか どうか

 

切断のプロはどのように切る?

柔らかい湿布を切ろうとすると湿布が刃にはさまって切りにくいが、「紙」を使うと簡単に切ることができる


【手順1】紙を半分に折る。

【手順2】湿布を紙の間にはさみ込む。

【手順3】紙と一緒にハサミで湿布を切る。

 

なぜ簡単に切れる?

ハサミは、切りたいものに対して上下からきっちり垂直に刃を当てることにより、上手く力が加わりスパっと切ることができる

湿布は柔らかいので、切ろうとすると刃との接点がヨレたり斜めになったりして、垂直に刃を当てることが難しい。

そこで、湿布を紙ではさむことで、柔らかい湿布が紙に沿って水平に固定されるため、刃を垂直に当てることができるようになる。


薄くて切りにくいガーゼも、このプロ技を使うと簡単に切ることができる。

 

【minnano編集部】
子供が使用する時や指に貼りたいときは湿布を切りますが、確かにいつも上手に切れないでいました。こんな簡単な方法でキレイに切ることができるとは?!ぜひ試してみたいと思います!!
みなさんの感想やエピソード、オススメなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年2月14日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送
できない放送日があります。ご了承ください。)