【この差】「脱げやすい靴下」と「脱げにくい靴下」の差


 
専門家:手塚莉恵(タビオ株式会社
 
この差は・・・

 かかとの縫い目が長いか短いか どうか


脱げやすい靴下は、かかとの縫い目が短い。

 

かかとの縫い目とは?

靴下のかかとから斜めに入る縫い目のこと。

長いと5cm位、短いと3cm位。

 

かかとの縫い目が長いと、なぜ脱げにくい?

かかとの縫い目が長いと、かかとの部分が広くなり、かかと全体を覆うことができるので靴下が脱げにくくなる。

縫い目が短いと、かかと部分が狭くなり、かかと全体を覆うことができないので、すぐに脱げてしまう

 

なぜ、かかとの縫い目が短い靴下がある?

かかとが長い靴下は編むのに時間がかかってしまうため、大量生産できない
靴下を編む際、直線部分は楽に編むことが出来るが、かかとの曲線部分は編むのに手間がかかる。

 

【minnano編集部】
靴の中で靴下が脱げてしまって気になる、という経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか?かかとの縫い目の長さが関係しているとは?!今まで縫い目の長さを気にしたことはありませんでしたが、これから靴下を選ぶ際は注意してみようと思います!
みなさんの感想や疑問等レポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年3月20日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

pay3