【この差】トイレットペーパー芯なしロール「中心が丸」と「中心がギザギザ」の差


 
専門家:佐野仁(コアレックス信栄株式会社常務執行役員)
 
この差は・・・

 最後まで使いきれるか使いきれないか どうか

「中心がギザギザのトイレットペーパー」は最後まで使い切ることができる。

 

「中心が丸いトイレットペーパー」はなぜ最後まで使いきれない?

中心が丸いトイレットペーパーは最後に芯のような形で何巻かが残り、最後まで使い切ることができない

中心が丸いトイレットペーパーの作り方は、丸い鉄の棒にノリをふきつけて、紙を巻いていく方法。そのため、紙が丸い棒にくっつき、ノリがべったりと染み込み、内側を固めてしまい、芯のように紙が残る


 

「中心がギザギザのトイレットペーパー」はなぜ最後まで使いきれる?

ギザギザの方は最後までパラパラとほどける

ギザギザの方は紙を巻きつけても、ノリはとがった分にしかつかない。よってはがしやすくなる




ゴミが出ない、公共機関で使われることが多くなっている。

 

トイレットペーパーには「表」と「裏」がある!?

なめらかな仕上がりなのは「表」、ザラっとしているのは「裏」
トイレットペーパーの「表」は、通常外側に見えている面で、めくると見える方が「裏」



「表」はなめらかで肌触りのよい仕上げになっていて、「裏」は表に比べると、やや毛羽立ってザラっとした肌触りになっている。
ただし、「表」と「裏」があるのは「シングル」の場合で、「ダブル」の場合は裏同士をくっつけて両側が表になるようにしてあるので、どのような巻き取り方をしても「表」を使うことができる。

 

【minnano編集部】
ギザギザの棒に巻き付けることで、ノリが程よくついて最後まで使い切ることが出来るようになるとは!?考えた方は凄い!と感心してしまいました。意識せずに使っていましたが、「表」「裏」があることにも驚きです!
「みんレポ」では、日用品部も活動中です!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2016年6月19日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
 

pay3