【この差】「朝ジョギングする人」と「夜ジョギングする人」の差 ダイエットに効果的なジョギングの時間帯と方法

 
専門家:岡田 隆(日本体育大学 准教授)

 

この差は・・・
「体内にある糖分」が多いか少ないか どうか

 

【この差】のポイント!
「朝ジョギングする人」の方が、体脂肪が減る!

 

いつジョギングしている?

現在、日本では、「ダイエット」や「健康管理」の為に、約1000万人が走っていると言われている。

ある調査でいつジョギングをしているのか聞いたところ、朝:34%、夜:49%でした。

なぜその時間にジョギングしているのか聞いたところ・・・
「朝走っている人」・・・「朝走る方が体が活性化されて、新陳代謝が上がるような気がしますから、ダイエットできるような気がします。」
「夜走っている人」・・・「朝・昼に食べたものをこうやって運動することによって燃焼できるので、夜が良いなって思いました。」

「朝派」も「夜派」も、「ダイエット効果」があると思って走っていますが・・・
「朝ジョギングする人」と「夜ジョギングする人」では、どちらがダイエットに効果的なのか?

 

【検証】「朝ジョギングチーム」vs「夜ジョギングチーム」

20代~40代の男女8人が協力。

まず、8人に「体重」と「体脂肪率」を計測。
朝食前の朝7時に走る「朝ジョギングチーム」と夕食前の夜7時に走る「夜ジョギングチーム」に分かれて、毎日30分、1週間走る
食事は、毎日、朝昼晩、全員同じお弁当を食べてもらった。

 

【必見】効率よく脂肪を燃やす走り方のポイントは?

 (1)ゆっくり走る:「ゆっくりの方」が、「体脂肪」を「エネルギー」として使うことができる。
  ※「脂肪」を燃焼させるには、「酸素」が必要なので、うまく「酸素」が取り込める「会話が出来るくらいのスピード」がいい。
 
 (2)20分以上走る:走り始めて20分経過すると、体温が上昇し、脂肪を燃焼しやすくなる。

 
こうして7日間の検証が終了。

 

【検証結果】「朝」vs「夜」「体重」と「体脂肪率」を減らしたのは?

「朝ジョギングチーム」の方が「体脂肪が約3減少」!中には4%以上減少した人も!!


 「朝ジョギングチーム(4人)」の平均は、体重-2.7kg、体脂肪率-2.0%
 「夜ジョギングチーム(4人)」の平均は、体重-2.1kg、体脂肪率-0.7%

 

【専門家解説】なぜ「朝ジョギング」の方が「体脂肪率」が多く減ったのか?

「朝ジョギング」をする時は、朝食前なので、空腹で「血糖が低い状態」なので、痩せやすい状態

人は運動する時、「糖分」と「脂肪」を燃焼させるが、まず先に「糖分」を燃焼させて、糖分が少なくなったら「脂肪」を燃焼させる。

 
 「朝」は、空腹で体内に「糖分」が少ない状態なので、すぐに「脂肪」が燃焼される。
 
 「夜」は朝食や昼食を摂り、体内に「糖分」が多い状態なので、なかなか「脂肪」が燃焼されない。

 
 「夜、夕食後」に走ると、さらに体内の「糖分」が多い状態なので、余計「脂肪」が燃焼されにくい状態になる。

 

【minnano編集部】
 
「東京マラソン」などの「マラソンブーム」の影響もあり、「ジョギング」も人気ですよね。「同じ距離」を走っても、朝か夜かによって、「ダイエット効果」に「差」が出るとは驚きです!ジョギングされる皆さんは、何時ごろ走っていますか?皆さんの「ジョギング」に関する工夫やエピソードに関するレポ投稿もお待ちしています♪

 

konosa-try

 
詳しくは、「この差って何ですか?(2016年7月17日放送)」の動画でチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(※配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)