【この差】耳アカが「乾いている人」と「湿っている人」の差

39-minnano-mimiaka
 
専門家:加賀 達美(加賀耳鼻咽喉科 院長)
 
この差は・・・

フェロモンの量が多いか少ないか どうか

 

〇「耳アカ」は「殺菌作用あり」!?

「耳の穴の皮膚」には、「皮脂腺」と「粘液腺」の2種類の分泌腺がある。

「皮脂腺」からは「脂分」、「粘液腺」からは「黄色い粘液」が出てくるがこのほとんどが「フェロモン」
この「粘液腺」の数が人によって差があるため、この数が多い人は「フェロモンの量」が多く、「耳アカ」がベトベトに湿ってしまう。

日本人は「耳アカ」が湿っている人が2割と言われているが、欧米人の8割は湿っている人と言われている。

「耳アカ」には、「殺菌作用」がある。
「脂分」を含んでいるため、表面をコーティングし「乾燥」を防いでくれる効果もある。
そのため、耳掃除は、2週間に1度で十分

 

【必見】「耳掃除」のポイント!

【step1】「耳の皮膚」に触れないように「綿棒」や「耳かき」を入れる
【step2】「皮膚」に当てながら、引き抜いて、耳アカをかき出す

 

【オススメ】タイプ別「耳掃除グッズ」!

 〇「耳アカが乾いている人」「粘着 綿棒」がオススメ!
 〇「耳アカが湿っている人」「ワイヤー耳かき」「円盤式 耳かき」がオススメ!

 

【minnano編集部】
 
 耳掃除をあまりしないのは「殺菌効果」や「乾燥予防」だったんですね。これからはほどほどにします。皆さんの「耳掃除」や「耳掃除グッズ」や体験・エピソードに関するレポ投稿もお待ちしています♪

 

konosa-try

 
詳しくは、「この差って何ですか?(2016年9月11日放送)」の動画でチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(※配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

pay3