【この差】「黄色いモンブラン」と「茶色いモンブラン」の差

42-minnano-cake
専門家:辻口博啓(モンサンクレールオーナーパティシエ)

この差は・・・

日本人が作ったか、フランス人が作ったか どうか

 
フランスの「茶色いモンブラン」が先にできた
 元々、フランスの「茶色いモンブラン」が一番最初にできた。フランスには「マロングラッセ」という栗を蜜で煮てブランデーにつけ込んだお菓子が非常に重宝されていて、それをうらごししてペースト状にしたものを使っているため、茶色になっている。

「茶色いモンブラン」が日本で一般的になったのは1984年

パリの老舗菓子店「アンジェリーナ」の日本第1号店が銀座にオープンし、本場の「茶色いモンブラン」を出したことがきっかけと言われています。

 
「黄色いモンブラン」は何で作られている?
日本の「黄色いモンブラン」は、「栗の甘露煮」をマロングラッセの代わりに使っているため黄色くなっている。

日本ではなじみのない「マロングラッセ」ではなく、なじみ深い栗の甘露煮で作ったのがはじまり。そのため、日本に来たばかりの外国人観光客には驚かれる。栗が黄色いと思っているのは、おそらく日本人だけ。
 

 

【minnano編集部】
みなさんは、「茶色いモンブラン」と「黄色いモンブラン」どちらがお好きですか?今は「茶色いモンブラン」の方が多く見かけますが、「黄色いモンブラン」が懐かしくて好き、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「みんレポ」では「スイーツ部」も活動中!みなさんオススメのモンブランやお店のレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

※詳しく知りたい方は、「2016年11月1日放送」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
pay3