【この差】「値段が高いダウンジャケット」と「値段が安いダウンジャケット」の差

この差 ダウン

この差 ダウン
専門家:苗加博治(株式会社ザンター 常務取締役)

 
この差は・・・

ダウンの割合が多いか、どうか

 

そもそも「ダウン」とは何か知っていますか?

水鳥から取れる羽は、大きく分けて3種類あり、その中の1つが「ダウン」。
翼の部分から取れる「ラージフェザー」、お腹の部分から取れる「スモールフェザー」、そして胸の部分から取れる「ダウン」がある。「ダウン」は、1羽から20~30gしか取れない。大変保温性に優れた貴重な羽。よって、ダウンは貴重なため、割合高いと値段も高いとなる。
この差 ダウンこの差 ダウン

 

なぜダウンの割合が一緒なのに、値段の差が生まれる?

この差は・・・ダウンの大きさが違うか どうか
ダウンの割合が一緒でもダウンひとつひとつの大きさが、大きければ大きいほど「高級」になる。
この差 ダウン

 

なぜダウンが大きいと値段が高くなるのか?

この差は・・・大きいダウンの方が温かくなるから
ダウンジャケットが温かいのは、「体温で温められた空気がたまり」温まる。よって、「大きなダウン」の方が、「小さなダウン」に比べて、「空気がたまる場所」が大きいため、温かくなる。
この差 ダウン

 
※詳しく知りたい方は、「2017年1月10日放送」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
pay3