【この差】信号機の赤は「アカ」と緑は「アオ」の差

専門家:鈴木恒男(慶応大学 名誉教授)

 
この差は・・・

「緑」が一般的に浸透していたか どうか

 

○日本には「黒」「白」「赤」「青」の4色しかなかった!

この4色は、空の様子を表す言葉が語源とされる。

「黒」は夜の暗闇の空を表す「暗し」。

 
「白」は昼間のはっきり見える空を表す「しろし」。

 
「赤」は朝日が出て明るくなる空を表す「明かし」。

 
「青」は日の出の淡い空を表す「淡し」が元になっていると言われている。
 
日本最古の歴史書「日本書紀」にも「黒」「白」「赤」「青」の4色しかでてこない。

その後、飛鳥時代(538年頃)、仏教伝来で「黄色」や「紫」が生まれたが、「緑」はまだなく、「青」と表現されていた。

 

○「緑」が生まれた時期は?

江戸時代後期(1800年頃)に染物の技術が発達し、様々な色の着物が作られた。

その頃、「緑色の着物」と「青色の着物」を呼び分けるために、「みずみずしい」を表す「緑」と呼ばれるようになった。

しかし、浸透されず、明治時代に輸入された緑色をしたリンゴを「青リンゴ」と呼ばれた。

また昭和5年にできた信号機も緑色なのに「青信号」と呼ばれるようになった。

 

【minnano編集部】漠然と「昔は緑のことを青と呼んでいた」ということしか知らなかったのですが、江戸時代後期から「緑」は使われ始めたのですね。昔から自然との関わりが深い日本に「緑」がなかったのは少し意外でした。
みなさんはどう思われましたか?感想を是非レポ投稿して下さいね!

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年4月18日放送)をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)
pay3