【この差】「値段が高い国産マンゴー」と「値段が安い海外産マンゴー」の差

 
専門家:長友敏(マンゴー生産者)

 

この差は・・・ 
 自然に落ちるまで待つか どうか

 

値段の差は「糖度」

一般的な「国産マンゴー」と「海外産マンゴー」の糖度を比較したところ、「6度の差」があった。

 

どんな方法で甘くしている?


国内産の「完熟したマンゴー」は、自然に落ちるまで栄養分を蓄えさせることで、甘くしている

「海外産マンゴー」は、実が硬い未熟なうちに収穫し、出荷されるため、甘くない。

 

【minnano編集部】
少し酸味もある爽やかな甘さの「海外産マンゴー」も美味しいですが、濃厚な甘さの「国内産マンゴー」はやっぱり格別ですよね!!じっくり育てられ、栄養も愛情もたっぷり詰まっているのでしょうね!!
みなさんはどんなフルーツがお好きですか?みなさんのフルーツレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年5月30日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)