【この差】「草履」と「雪駄」の差

 
専門家:朝日真(文化服装学院 教授)

 

この差は・・・ 
 「防水加工」があるか どうか

 

日本の履物の歴史

平安時代頃に多くの日本人が履物を履くようになった。

その頃は「草鞋(わらじ)」とよばれる藁で編んだ履物でとても歩きやすく評判になった。

しかし、履くのに時間がかかるという欠点があった。

その問題を解決したのが「草履(ぞうり)」で、これも草でできた履物だが、「鼻緒」ができたことで手を使わず履いたり脱いだりできるようになった。

しかし大きな欠点が!「草履」はワラでできている為、「雨の日」に履くとグジョグジョになってしまう。

その後、「下駄」が登場し、特に「雨の日」に重宝されていた。

ただ、「雪の日」には、歯に雪が詰まり、すべってしまい不便だった。風刺絵には雪をかき出す様子も描かれている。

 

安土桃山時代に「新たな履物」が登場!

「雪駄」は、草で編み込まれた履物だが2つの特徴をもっていた。

特徴(1)は、裏面を牛皮で加工し、「防水機能」を強化

特徴(2)は、裏面に「鋲」を打ち付けることで「滑り止め機能」を。


そして、雪でも歩けるので「雪」の字をあてたと言われている。

 

「雪駄」をつくらせた歴史上の人物とは!?

織田信長」。

有名な茶人の「千利休」をお茶の師匠として招いた際に「草履」を履いていた「千利休」が水たまりで転んだ様子をみて、「草履」の裏に「鋲」を撃ち込ませたことが「雪駄」のはじまりといわれている。


 

現在、防水加工が「草履」にもあるが・・・

現在、防水加工は「草履」にもされており、「雪駄」との差がなくなってきている。

しかし、かかとに「鋲」があるのは「雪駄」だけ。

 

【minnano編集部】
「雪駄」を作らせたのが、「織田信長」だったとは!?しかも「千利休」の為にだったとは!?驚きです!

「草鞋」から始まり、履物も様々な進化を遂げて今があるのですね!

みなさんは、履物についてのお悩みや、お気に入りの履物はありますか?みなさんの履物レポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年5月30日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)