【この差】2017年「ベビースター」につけた差とは!?

 
専門家:青江正(おやつカンパニー 開発部)
 

年間5億食以上生産されている超ヒット商品。今から58年前の1959年(昭和34年)、当時は「ベビーラーメン」という名前で発売。

子供の中で1番星になってほしいという想いから、1973年に「ベビースターラーメン」という名前に変更。

これまでに4000種類以上の味を展開し、「おつまみ」として大人にも人気のお菓子。

 

1つ目の差:「パッケージ」の差


この差は・・・
 1)「女の子」から「男のベイちゃんというキャラクター」に変わったか どうか
 2)「オレンジ色」から「白色」に変わったか どうか

1988年にパッケージを変更。

 
〇「ベイちゃん」に変えた理由とは?

女の子のキャラクターが登場して、およそ30年が経ち、デザインが時代にそぐわなくなってきたので、カラフルなキャラクターに変更。2017年1月に、「ベイちゃん」から「ホシオくん」に変更

 
〇「白色パッケージ」に変えた理由とは?
主な売り場が「駄菓子屋」から「スーパー」や「コンビニ」に変わったから。「駄菓子屋」で売られる際は「電球の明かり」の色に映えるように「オレンジ色」を採用。「スーパー」や「コンビニ」で売られるようになってからは、白い床の上に、蛍光灯に当たると「白色」の方がキラキラするので、目立つことを意識して変更。

 

2つ目の差:「麺の形」の差


この差は・・・
 「麺の形」が四角いか どうか

2017年1月に変更。
 
〇麺の形を「四角」に変えた理由とは?

(理由1)「表面積」を増やすことで、よりチキン味のスープを付着させるため。

(理由2)「四角麺」の方が、「丸麺」より、かくかくするので、食べた時にサクッとした食感が得られる利点があるため。

 

【minnano編集部】
子どものおやつとしても、大人のおつまみとしても大人気の「ベビースターラーメン」!麵の形が変わっているとは全く気づきませんでした!?
ベビースターの工場では、お子様が喜びそうな仕掛けが盛りだくさんの「工場見学」ができるそうです!ぜひいらしてみてください!!
みなさんのベビースターエピソードレポ、工場見学レポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年6月13日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)