【この差】「お刺身」と「お造り」の差

 
専門家:大山喬之(新宿調理専門学校 日本料理 教員)
 

この差は・・・
 お刺身は「関東で生まれた言葉」
 お造りは「関西で生まれた言葉」か どうか


どちらも、新鮮な魚などを切って醤油に付けて食べる「同じ料理」

 

「お刺身」と呼ぶようになった理由とは?

先に生まれたのは「お刺身」という言葉。元々「生の魚を切ったもの」を「切り身」としていたが、武士の多かった江戸時代では「切る」という言葉が「縁起が悪い」とされた

そのため、代わりに「お刺身」という言葉になった
 
「刺身」の語源は、調理した魚の身に、その魚のヒレを刺して、どの魚の身かわかるようにして盛り付けたから。

現在、お刺身の盛り合わせに名札が置かれていることもありますが、これはヒレなどを刺していた名残りと考えられる。

 

「お造り」と呼ぶようになった理由とは?

関西地方、特に京都は、公家文化が長かったので、江戸の言葉があまり受け入れられなかった

そのため、「切る」はもちろん「刺す」という言葉すら受け入れられず、その代わりにできた言葉が「お造り」。

京都の中心地から海は遠く、魚が傷みやすかったので、魚の傷みを防ぐために、昆布で包む「昆布締め」や熱湯を皮にかけて殺菌するという調理法で「ひと手間かけて造っていた」

この「一手間かけて造る」ということから「お造り」という名前になった。

 

関東でも「お造り」と呼ばれている理由とは?

1923年に起きた「関東大震災」の影響で、関東にあった料理店がなくなってしまったので、関東を復興させようということで、関西から多くの料理人が駆けつけてくれた。その際に、関西の料理人たちは魚の切り身を「お造り」と呼んでいたので、現在、関東で「お刺身」と「お造り」が混在している。

 

【minnano編集部】
「お刺身」と「お造り」が地域による呼び方の差だったこと、「関東大震災」をきっかけに関東では両方の呼び方が混在するようになったことなど知らないことばかりでした!!みなさんはご存知でしたか?
「関西」と「関東」で呼び方が違うものは実は色々ありそうですが、みなさんはご存知ですか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年6月13日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)