【この差】「ギザギザがある硬貨」と「ギザギザがない硬貨」の差

 
専門家:岩崎光男(造幣博物館 館長)
 

この差は・・・
 〇「一番高価な硬貨」は偽造されないため。
 〇「50円」は「5円」と、「100円」は「10円」と見分けをつきやすくするため。

 

なぜ「硬貨の縁」にギザギザがついているのか?

50円・100円・500円硬貨にギザギザが付いている理由は、元々は江戸時代に頻発した金や銀の硬貨の縁が削られて金儲けされるのを防ぐため
その後、昭和26年のギザ10は、当時1円玉、5円玉しかなかったため、偽造防止を目的にギザギザをつけられた。その後も、50円、100円とつくられる度にギザギザがつくられた。
500円は昭和57年につくられた際は「NIPPON」と「500」と刻印されたが、その後平成12年に「斜めギザ」がついたかたちに変更された。

 

「硬貨が削られるのを防ぐために、ギザギザを付けた」とは?

江戸時代の大判、小判を、悪党たちが縁を削り取って、削った分を売りに行く事件が頻繁に起こった。削った大判や小判も普通に使うことで、金儲けをしていた。

明治時代に新しい硬貨を発行する際に、金や銀であったため、削られるのを防ぐためにギザギザを付けた

 

50円・100円に、いまでもギザギザがついている理由とは?


一番高い硬貨が500円になったが、50円は5円と同じ大きさで穴も開いている為、触って見分けがつくように、ギザギザがついた

100円も同様で、10円と同じ大きさである為、10円玉と区別しやすいように、ギザギザがついた

 

【minnano編集部】
言われてみれば、縁にギザギザがついた「硬貨」とない「硬貨」がありますよね。昔は「硬貨」を削ってお金儲けをする人がいたとは!?驚きです!今は、区別しやすいようにという優しい理由が込められているのですね!!
みなさんは「紙幣」や「硬貨」に関する疑問や豆知識はありますか?みなさんのお金レポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年7月4日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)