【この差】必見!60歳でも「シワの少ない人」と「シワの多い人」の差

専門家:白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)

 

60歳前後のシワの少ない一般女性で多いのは…

 〇 普段、使っている日傘の色は「黒」
 〇 朝の洗顔で使うのは「ぬるま湯」
 〇 朝食で(美容を意識して)食べるのは「焼き鮭」
 〇 シワ予防に効果的な入浴法は「あつ〜いお湯に約5分」

 

【この差】のポイント!

 〇「日傘」は、「内側の色」が重要!
 〇「洗顔」は、「皮脂」が溶け出る温度が重要!
 〇「食事」は、「コラーゲン」が多く摂れることが重要!
 〇「入浴法」は、ヒートショックプロテイン」がつくられる温度が重要!

 

【調査】60歳前後のシワの少ない一般女性にアンケート

今回、60歳前後のシワの少ない一般女性50人にアンケート。

日頃「シワ」を作らないために、どんな事をしているのか?

〇問1 普段、使っている日傘の色は「黒」、「白」?
〇問2 朝の洗顔方法で使うのは「熱いお湯」、「ぬるま湯」、「水」?
〇問3 朝食で(美容を意識して)食べるのは「目玉焼き」、「焼き鮭」?
〇問4 シワ予防に効果的な入浴法は「あつ~いお湯に約5分」、「ぬるいお湯に10分以上」?

【調査結果】普段、使っている日傘の色は「黒」、「白」?

答えは、「黒」(27人/50人)

なぜ、使っている日傘の色は「黒」が多い?

「紫外線」を浴びると、乾燥して「シワ」になってしまうが、「黒の日傘」は紫外線を吸収してくれる。

「白い日傘」を使っている人も、内側は「黒」という人が多かった。

実は重要なのは「内側の色」だった!!

内側が「白」だと、地面からの照り返しの紫外線を跳ね返してしまうため、顔に紫外線があたってしまう。内側が「黒」だと紫外線を吸収するので顔に当たりづらくなる。

【調査結果】朝の洗顔で使うのは「熱いお湯」、「ぬるま湯」、「水」?

答えは、「ぬるま湯」(31人/50人)。「水」(19人/50人)

「水の温度」が非常に重要!

「朝の洗顔」は、「化粧品の油分・皮脂汚れ」などを、洗い流すことがとても必要!

この「皮脂」が溶け出る温度が30℃以上。

なので、30℃から32℃ぐらいの「ぬるま湯」で洗顔するのが一番いい状態を保つことができる。

「水」は、「皮脂」が溶け出さないため、「吹き出物」や「かゆみ」の原因になったりする。

「熱いお湯」は?

32℃以上の「熱いお湯」の場合は、「皮脂」が落ちすぎてしまい、肌が乾燥しすぎて「バリア(保湿)機能」が低下するため良くない。

「シワが少ない50人の女性の洗顔のこだわり」とは?

〇 洗い流す時は、シャワーを使わず「手でかける」

(36人/50人)シャワーの水圧で「皮膚のバリア機能」がダメージを受けてしまう。

〇 お風呂では、乾燥を防ぐため「最後に洗顔」

(21人/50人)洗顔をすると「バリア機能がなくなる」ので、お風呂に入っている間に肌を傷つける可能性が増えてしまう。

〇 お風呂から上がって、「保湿まで3分以内」

(37人/50人)「肌のバリア機能」が下がっているので速やかに保湿するのが良い。また、「毛穴が開いている状態」で保湿するとよく浸透する。

【調査結果】朝食で食べるのは「目玉焼き」、「焼き鮭」?

答えは、「焼き鮭」(28人/100人)

なぜ「焼き鮭」か?

「鮭」には、たくさんの「コラーゲン」が含まれている。

そして、「紫外線」で壊れてしまう「コラーゲン」を摂って作ることが必要。

現在の研究では、

「コラーゲンを食べる」と、「コラーゲンペプチド」に分解され、「コラーゲン細胞」が増加すると言われている。

「焼き鮭の皮」は食べるか?

実は、「コラーゲン」は「鮭の皮」にある。特に「鮭」は「コラーゲン」が多い!

ちなみに、今回の対象者の40人/50人が「焼き魚の皮を残さず食べる」と回答。

「鮭」以外で「コラーゲン」が多く摂れる食べ物は?

「鶏肉」!

今回の対象者の30人/50人が一番食べているお肉は「鶏肉」と回答。

よく食べる「鶏肉の部位」は、「手羽先」。

「手羽先」には「ビタミンB6」が含まれており、「コラーゲン」を作るのに必要な成分も入っているといえる。

「鶏のレバ」ーも効果的!

「鶏レバー」に含まれる「レチノール(ビタミンA)」は、「ヒアルロン酸」を増やすことができる。食事で挽回できるといえる。

【ポイント】美容のために飲んでいる飲み物とは?

〇 美容のために飲んでいる「飲み物ランキング」
 第1位  豆乳
 第2位  コラーゲン入りドリンク
 第3位  ヨーグルトドリンク
 第4位  青汁
 第5位  玉ネギの皮茶(専門家が注目!)

【専門家推奨】「玉ネギの皮茶」とは?

【作り方】「玉ネギの皮茶」は、乾かした玉ネギの皮を約3分煮だすだけ!!

「玉ネギの皮茶」は、「玉ネギの皮」に含まれる「ファイトケミカル」が強い抗酸化作用を生み出す。

「ファイトケミカル」は、野菜や果物の皮に含まれるので、「落花生の薄皮」、「皮ごと入れた野菜カレー」などにも含まれる。

【調査結果】シワ予防に効果的な入浴法は「あつ〜いお湯に約5分」、「ぬるいお湯に10分以上」?

答えは「あつ~いお湯に約5分」

【ポイント】「ヒートショックプロテイン」が作られる「温度」との関係

「ヒートショックプロテイン」は、「紫外線」で傷ついた「肌のダメージを修復」してくれる

「ヒートショックプロテイン」がつくられるのは40℃~42℃。

40℃の時は20分、41℃の時は10分、42℃の時は5分入浴することで、「ヒートショックプロテイン」が期待できる。

(※個人差があります。ご自身の体調を十分考慮して入浴してください)

 

【minnano編集部】
女性にとって「シワ」は大問題ですよね。

年齢を重ねるほど、個人差が出てくるようにも思いますが、「シワ」が少ない方は日々の生活の中で様々なことに気を付けているんですね!早速真似したいと思います。

みなさんは美容のために行っていること、心がけていることはありますか?みなさんのレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年9月5日放送)」をチェック!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)