【この差】「定規」と「物差し」の差

 
専門家:きだてたく(文房具ライター)

 
この差は・・・

 使う目的が違う道具

「定規」は、“線を引くため”の道具
「物差し」は、“長さを測るため”の道具

 
一目でわかる決定的な違いとは?・・・
「目盛りの位置」が違う。「定規」は間隔が空いてから目盛がはじまるが、「物差し」は端から目盛がはじまるので、一目でわかる。

 
なぜ「物差し」は端から目盛があるのか?
例えば、壁からの寸法を測る時、壁に押し当てて測ることができるから。

 
なぜ「定規」は端から目盛がないのか?
端に目盛があると、きれいな線が引きにくいから。

始点から線を引きやすくするため。

 

【minnano編集部】
みなさんは、「定規」と「物差し」の差、ご存知でしたか?最近では、一方が「定規」、もう一方が「物差し」の目盛りになっているものもありますよね!文房具もどんどん進化していますね!!
みなさん、お気に入りの文房具やオススメの文房具はありますか?みなさんの文房具レポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年11月14日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)