【この差】「食前に飲む薬」と「食後に飲む薬」の差

 
専門家:上村直樹(東京理科大学 薬学部教授)

 
この差は・・・

 「食前に飲む薬」は効果を出すため
 「食後に飲む薬」は忘れないため


「食後に飲む薬」は、基本的にいつ飲んでも大丈夫

 

「食前に飲む薬」は、なぜ食事の前に飲まなければならないのか?

「食前に飲む薬」には、「吐き気止めの薬」「糖尿病の方が飲む薬」がある。食事によって受ける影響を事前に防ぐ役割を果たすため。食後に薬を飲んでも意味がない。


また「漢方」も食事の影響を受けると効果が薄くなるため食前に飲むものが多い。

 

「食前に飲む薬」は、食事のどのくらい前に飲むのが良い?

薬によって効果がでるまでに時間がかかるので、食事の約30分前に飲むと良い

 

「食後に飲む薬」は、なぜ食事の後に飲まなければならないのか?

薬を飲み忘れないための工夫。「食後に飲む薬」は、基本的にいつ飲んでも大丈夫。

薬は時間を空けて飲み切ることが大切。例えば6時間後と書いたら忘れてしまいがちだが、食後と書くと「三度の飯」のなかで、忘れにくいと考えられている。

“食後”と書かれている薬は、胃が空っぽの時に飲むと胃が荒れてしまうと思っている人が多いが、現在では胃を荒らす薬はほとんどない(胃に何か入っていないといけない薬の場合、「空腹時はさけて服用」と記載してある※医師・薬剤師に相談の上服用してください)。

 

「食間」はいつ飲めばよい?


食事を終えてから2時間後に飲むのが目安。

稀に食事の最中に飲む人がいるが、これはダメ

 

薬と一緒に飲むと効果が弱まる飲み物:(1)スポーツドリンク

病院で処方される「抗生物質」や「抗菌薬」は、スポーツドリンクとの相性が悪い!!

スポーツドリンクに含まれる「マグネシウム」や「カルシウム」などの成分が、「風邪薬」について吸収されにくくなる。


薬を飲んだ後、2時間程度をあける必要がある
熱があって脱水になると、スポーツドリンクは非常に良い。ただ、「抗生物質」や「「抗菌薬」が出た時だけは、スポーツドリンクと一緒に飲むのをやめること!!

 

薬と一緒に飲むと効果が弱まる飲み物:(2)栄養ドリンク

栄養ドリンクの成分に含まれる「アルコール」との相性が悪い!!

「アルコール」により、血流が良くなり、薬が急激に効く恐れがある。

 

知っておくとお得な薬局の差:「お薬手帳」

実は、「お薬手帳」を持っていくだけで「値段が安く」なる。40円〜120円くらい安くなる。

持ち歩くのが面倒な方は、スマホアプリもある。

 

【minnano編集部】
スポーツドリンクと「抗生物質」や「抗菌薬」を一緒に飲んではいけないとは!?知りませんでした!!「お薬手帳」もつい忘れてしまいがちでしたが、値段が安くなるとは!?驚きです!!
みなさん、お薬について気になることや気を付けていることはありますか?みなさんのお薬レポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年11月21日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)