【この差】「日清カップヌードルの麺」の差

専門家:藤野誠(日清食品 カップヌードル・ブランドマネージャー)

 

【この差】は…

 麺の幅の差
 麺の味の差
 麵の戻し時間の差

 

【この差】のポイント!

麵とスープのバランスがちょうどよくなるように麵の幅を調整している。

スープに合うように、麺もそれぞれ味付けしている。

麵の戻し時間は、伸びにくく、空腹感がちょうど高まる時間に設定している。

 

人気のカップヌードル ベスト3

たくさんの種類が販売されているカップヌードルシリーズでも、不動の人気を誇るのが、

 1位 カップヌードル

 2位 シーフードヌードル

 3位 カップヌードルカレー

この3つの商品には味や具材だけでなく、他にも差がある。その一つが、「麺の幅の差」と「麺の味の差」。

 

麺の幅の差

「カップヌードル」と「シーフードヌードル」は麵の幅が約2mmなのに対し、「カップヌードルカレー」の麵の幅は約3mmになっている。麵は、スープに合わせてミリ単位で調整され、一番美味しく食べられる形状になっている

「カップヌードルカレー」のスープは濃厚でとろみがあるので、麵の幅を太くしている。

麵が細いと隙間がいっぱいでき、スープが入っていく。

しかし、カレーのような濃厚なスープだとスープが付きすぎて、麺がスープに負けてしまう。そこで、カレーの場合は麵を太くして隙間を減らし、麵とスープのバランスがちょうどよくなるようにしている

 

麺の太さが違うと、味の印象が変わる?

通常の約3mmの麵と、通常より細い約2mmの麵の「カップヌードルカレー」を食べ比べてみた。

すると、違いは歴然!細い麵の方は濃く感じるが、太い麵の方はカレーうどんのような印象で、麺とスープの絡みがちょうどいい。

 

麺の味の差

実は麵自体にも味がついていて、その味が種類によって異なる

「カップヌードル」はしょうゆやチキンなどで味付けしている。
「シーフードヌードル」はしょうゆなどで味付けしているが、シーフードの味を邪魔しないように少し薄めに作っている。
「カップヌードルカレー」はポークなどを使ってカレーに合うように味付けしていてる。

 

どのように麵に味をつけている?

一度蒸した麵をスープにくぐらせて味をつけている

そして、一度揚げた麺を乾燥させて、カップに詰めて出荷される。

 

麺の戻し時間の差

戻し時間が3分のものや5分のものがあるが、基本的には戻し時間の長い麵は太い
1分で戻せる麵も作ることはできるが、1分で戻せる麵は伸びるのが早くなってしまう
また「空腹は最大の調味料」というように、待っている間に空腹感、期待感が高まってきてさらに美味しいのではないかという考えもある。

 

【minnano編集部】
カップヌードルの種類によって、麵の太さが違うこと、お気づきでしたか?

麵にもそれぞれに違う味付けがされていたとは?!美味しさ追求のために色々な工夫が施されていますね!!

みなさんの感想やエピソード、オススメのカップヌードルなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年6月28日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)