【この差】「イラっとする夫」と「イラっとしない夫」の差

 
専門家:五百田達成(心理カウンセラー) 代表著書:「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」

 
この差は・・・

 女性の思考を理解しているか どうか

 
今回は3つのシチュエーションで解説。

 

夕飯は「簡単なものでいいよ!」という夫


朝でかける時に「夕飯は食べない」と言った夫が、はやく仕事が終わったので、「簡単でいいから夕飯を用意して欲しい」と電話。妻に気を使ったはずの夫の「簡単でいい」に、イラっときた妻。

この場合、妻としては「料理に簡単なんてない!!」というのが言い分。栄養など、夫や家族に配慮した料理を「簡単」と表現したことがNG!

「今日、ご飯ある?」などと事前に電話して、「簡単なものなら」と妻が返してくれる場合にはお願いするというのも一手。さらに、「うどんしかないけど」と妻が言った際に、夫は「まさにうどんが食べたかった」など、相手に合わせることをオススメ。

 

サプライズで、急に「高級レストラン」に妻を呼び出す夫


夫からの連絡で、急に呼び出されて普段着ででかけた先が、行きたかった「高級レストラン」。夫が仕掛けたサプライズに、なぜ妻はイラっとした?

男性は「味がよければ」と思いがちだが、女性は「服装」や気分含めて、楽しみたいと考えるので、配慮することをオススメ

 

買い物中、自宅に「同じような洋服がある」とアドバイスする夫


夫婦が洋服を買い物中、妻が夫に「これかわいい、似合うかな?」と質問したところ、夫の「同じような洋服持っている」に、イラっときた妻。

結論としては、男性は女性の必要なモノはわからない。例えば、洋服屋さんの「紙袋」。男性にとっては、必要性がよくわからないモノだが、女性にとっては必要なモノ。「使えそうなモノ」は置いておく。なぜなら「全て使うもの」だから。一方、男性の場合、「使えないモノ」を集める。例えば、フィギュアやペットボトルの蓋など。一般的に、家の中にいる時間の長い妻が使い勝手のよいように、男性の趣味は楽しむことをオススメ。

 

【minnano編集部】
みなさんはこの3つのシチュエーション、どう思われましたか?「イラッとする!」「分かる!」と思った女性は多いのではないでしょうか?「なんで?」と思われた男性は、よかったらオススメ対策法を試されてみてください!!
みなさんはパートナーとの関係を良く保つために心掛けていることや実践していることはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年12月26日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)