【この差】お返しが「必要なお祝い」と「必要ないお祝い」の差

 
専門家:井垣利英(マナー講師)
 

この差は・・・

 命のありがたみを神様に感謝していたお祝いか どうか

 

【この差】のポイント!

「お返しが必要なお祝い」は、「結婚」、「出産」、「七五三」、「還暦」など

 

お返しが「必要なお祝い」とは?

結婚」、「出産」、「七五三」、「還暦」などとなる。

 

お返しが「必要ないお祝い」とは?

入学」、「成人」などとなる。

 

なぜお返しが必要なのか?

古墳時代、子どもが生まれた際、村中から祝いの品が送られた。

そこで夫婦は、神様に「命のありがたみ」を感謝するために祝いの品をお供えした。

そして、村人を集めて、神様へのお供えを食べながら宴を開いた。

しかし、宴が終わるとお供え物が余ってしまっていた。このまま腐らせるのは神様に失礼と考え、神様にお供えした物を、村人に返したことで、「お返し」が生まれたと考えられている。

そこで、命が生まれるきっかけとなる「結婚」、そして「出産」、子どもが無事成長したことを祝う「七五三」、長く生きられたことを感謝する「還暦」など、「命のありがたみを感謝するお祝い」には今でもお返しが必要

一方、「入学」や「成人」は、命のありがたみを感謝するわけではない、近年になってできたお祝いなので、お返しが必要ない

 

【minnano編集部】
みなさんは、「お返しが必要なお祝い」と「お返しが必要ないお祝い」の差、ご存知でしたか?その由来が古墳時代まで遡るとは驚きです!?
みなさんはマナーについて疑問に思うことや気になることはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年1月16日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)