【この差】お祝いのお返しで「贈っていい物」と「贈ってはいけない物」の差

 
専門家:井垣利英(マナー講師)
 

この差は・・・

 「別れ」や「縁起の悪さ」、「相手を見下す」といった意味があるか どうか

「ハンカチ」、「靴下」などは、お祝いのお返しで贈ってはいけない品物

 

お祝いのお返しに送ってはいけない物はどっち!?

 

○「タオル」と「ハンカチ」


答えは、「ハンカチ」
「ハンカチ」は、日本語では「手巾(てぎれ)」。そのため、手切れ金など別れを連想させるため。

また「白いハンカチ」は、亡くなった人の顔にかけるため、絶対に送ってはいけない。

 

○「靴下」と「手袋」


答えは、「靴下」
日本では「下」の付く贈り物はよくないと言われている。その理由は「靴下」の様に「下」とつく品物を贈ると、「相手を見下す」と考えられており、お祝いのお返しとしては贈ってはいけない。

ほかにも「下」と付く「下着」や、「履物」や「マット」など「足で踏みつける品物」も、同様に「相手を見下す」意味になる。

 

【minnano編集部】
みなさんは、お祝いのお返しに贈ってはいけない物の数々、ご存知でしたか?お祝いのお礼ではありませんが、ハンカチを贈ってしまったことがあり、改めてマナーを知らないと恥ずかしいなと思いました。
みなさんはマナーについて疑問に思うことや気になることはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年1月16日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)