【この差】「ぜんざい」と「おしるこ」の差

 
専門家:早川良子(かさぎ屋3代目店主)

 
この差は・・・

 関西では、「ぜんざい」は粒あんの汁、「おしるこ」はこしあんの汁。
 関東では、どちらも「おしるこ」と呼ぶ





関東では、汁気のないあんこを添えたモノを「ぜんざい」と呼ぶことがある

 

これを何と呼ぶ?

街の人にアンケートしてみたところ、

東京では・・・
「おしるこ」と呼ぶ人47人、「ぜんざい」と呼ぶ人3人

関西では・・・
全員「ぜんざい」と呼んだ。

 

なぜ関西では、「粒あん(ぜんざい)」と「こしあん(おしるこ)」で呼び分ける?

その理由は、それぞれの成り立ち(※諸説あり)を知ればわかる。
先に生まれたのは「ぜんざい」
室町時代の出雲の国では、10月に「神在祭(かみありさい)」が行われた


一般的には、10月のことを「神無月(かんなづき)」と呼ぶが、出雲の国には全国の神様が集まるため「神在月(かみありづき)」と呼んでいた。

「神在祭」で振舞われていた食べ物が、小豆を煮込んで「粒が残った汁」のなかに、神前に供えていた「餅」を入れた「神在餅(じんさいもち)」


この「神在餅」が参拝者に評判に!そこで参拝者が出雲の人に名前を尋ねたところ、出雲の方言のせいで、「ぜんざい餅」と聞こえてしまい関西には伝わったと言われている。

 

「おしるこ」はどのようにして生まれた?

江戸中期、江戸の町に砂糖が出回る。「小豆の粉をお湯で戻した汁」にお米でつくった「団子」を入れ、さらに「砂糖」を加えて食べた



「(小豆の)粉の汁」なので、「汁粉(しるこ)」と名付けられた。

そして江戸後期、「しるこ屋」ができ、2種類の「しるこ」が売られるようになった。

まず小豆の皮を残した粒あんの「田舎汁粉(いなかじるこ)」。そして小豆の皮をこしたこしあんの「御前汁粉(ごぜんじるこ)」


そして全国に広まった。
関西では、こしあんの「おしるこ」は、江戸から来た珍しい食べ物として広まった。一方、粒あんの「おしるこ」は、既に「ぜんざい」があったため受け入れられなかった。そのため、関西では、粒あんは「ぜんざい」、こしあんは「おしるこ」と区別して呼ぶようになった

 

【minnano編集部】
寒い日に甘くて暖かくて、身も心も癒してくれる「おしるこ」や「ぜんざい」!みなさんは、この差をご存知でしたか?聞き間違いから生まれた「ぜんざい」という呼び方にも驚きです!!
みなさんはお好きな甘味メニューやオススメの甘味処はありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年1月23日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)