【この差】「イイダバシ(飯田橋)」と「カンダブリッジ(神田橋)」の差

 
専門家:松島進(東京都 建設局 道路管理部

 
この差は・・・

 「道路案内標識」に表記する時のルールとして、地名の方を載せるという決まりがあるため


「飯田橋」は、「地名」も「橋(施設)」もあるため、英語表記の際、施設より地名を優先

 

橋の英語表記の差は?

「飯田橋」と「神田橋」の英語表記が違うのは、「飯田橋」は「地名」「神田橋」は「橋」を示しているから。

 

「飯田橋」は「地名」以外に「橋」もあるが?

「道路案内標識」に表記する時のルールとして、地名の方を載せるという決まりがある。

今回の「飯田橋」のように「地名」も「橋(施設)」もある場合は、英語表記する際、施設より地名を優先して表記するルールがある。



ちなみに、「神田橋」は、「橋(施設)」はあるが、「地名」はない。

 

「二重橋」は「ニジュウバシ・ブリッジ」?

本来のルールに基づく正しい英語表記は、「二重橋 ニジュウブリッジ」

しかし、これでは日本人が外国人に聞かれたときにわからないので、あえて「ニジュウバシ・ブリッジ」としている。



同様に、「荒川」も「アラリバー」ではなく、「アラカワ・リバー」としている。

「雷門」も「カミナリゲート」ではなく、「カミナリモン・ゲート」としている。

 

【minnano編集部】
標識の英語表記をあまり気にしたことがありませんでしたが、「~bashi」や「~bridge」、はたまた「~bashi Bridge」など、様々な表記がされていて驚きました!?標識も気をつけて見てみると、面白い発見がありそうですね!
みなさんは標識や表示について不思議に思うことや気になることはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年2月6日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)