【この差】「お刺身には花が付いている」と「お寿司には花が付いていない」の差

 
専門家:大山喬之(新宿調理師専門学校 講師)

 
この差は・・・

 「お刺身」に「菊の花」が付くのは、殺菌作用で「食中毒予防」のため


「お寿司」は「お酢」の殺菌作用で食中毒予防しているため

 

菊の花にはどんな役割があるのか?

「たんぽぽ」と勘違いされる方も多いが、実は「菊の花」

この「菊の花」は飾りではなく、大切な役割がある。

お刺身が広く食べられるようになったのは、江戸時代後期。

当時、濃い口しょう油が誕生したことによって、しょう油をつけると魚の生臭さが気にならないと評判に

そんな中登場したのが「刺身屋」。

「刺身屋」では、カツオやマグロを刺身にして販売。庶民にとっては、魚をさばく手間が省け、手軽に買えることですぐに評判に。お客はお皿を持参して、購入していた。

しかし、お刺身を食べて、お腹を壊す人が続出
当時は、「冷蔵技術がない」、「鮮度が良くない魚」、「時間が経って食べる」ため、食中毒があとを絶たなかった。

そこで「刺身屋」の店主が考えたのが、奈良時代から薬として使われていた「菊の花」(※諸説あり)を付けて販売すること。


当時風邪でノドが痛い時、「菊」に含まれる「ルテオリン」が、ノドを殺菌し、痛みを和らげる効果があるとされていた。


また「菊の花」には「食中毒を予防する効果」もあったため、食中毒は減った

ほかに、「わさび」、「青じそ」、「穂紫蘇(ほじそ)」、「紅たで」も同様に、殺菌効果があるため、お刺身に添えられている。

 

なぜお寿司には菊の花をつけないのか?

お寿司の場合は、酢飯の中に殺菌効果がある「お酢」が入っているため。

 

【minnano編集部】
「菊の花」のパワー、凄いですね!とっても昔から薬としても使われていたとは!?飾りだと思っていたので驚きです!!
みなさんは、食品の薬味や付け合わせについて不思議に思うことや聞いてみたいことはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年2月27日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)