【この差】朝起きて「腰が痛い人」と「腰が痛くない人」の差~たった45秒でできる「簡単 寝たまま体操」大公開~

 

たった45秒!「簡単 寝たまま体操」とは?

お年を召した方で、筋力が弱っている方は体操も難しい。そこで、寝る前のたった45秒でできる「簡単 寝たまま体操」がオススメ。今回は、肩と腰の筋肉をほぐす、合計45秒の2つの「寝たまま体操」をご紹介。この体操を毎日2週間続ければ、筋肉がほぐれて、寝返りが打ちやすい体になってくる。その結果、朝腰が痛くならないようになる。(※効果には個人差があります。無理せず行ってください)

 

1.「肩」をほぐす「簡単寝たまま体操」(5回で、計25秒)

 ①頭の後ろで、指を組む。

 ②口から息を吐きながら、ヒジを広げ、床に押しつける。

 ③ヒジを広げたまま、5秒キープ。

 ④力を抜いて、戻す。これを5回寝る前に行う。

 

2.「腰」をほぐす「簡単寝たまま体操」(左右10秒キープ、計20秒)

 ①片足を立て、体の反対へ。

 ②足を倒しながら、体をひねる。この時、腰の筋肉を伸ばすことを意識。


 ③10秒キープを左右、合計20秒。

 

【minnano編集部】
朝起きた時の腰痛と寝返りの回数が関係していたとは!?たった45秒間でできてしまう体をほぐす体操は、スタジオで試した出演者の方からも「気持ちいい!」と評判でした!ぜひみなさん、寝る前にベッドの上、布団の上で試されてみてください!
みなさんは腰痛対策として実践されていることや気を付けていることはありますか?みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年2月27日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)