【この差】「主婦が作ったマーボー豆腐」と「プロが作ったマーボー豆腐」の差

専門家:菰田欣也(スーツァンレストラン陳 総料理長)

 

【この差】は…

 豆腐の下ごしらえの差

 

【この差】のポイント!

豆腐は茹でてから炒める。

 

普通の主婦とプロに中華料理を作ってもらった

料理好きの主婦とプロの料理人に、同じ食材、同じ家庭用コンロ、キチンコンロを使って、「マーボー豆腐」を作ってもらった。

 

「豆腐の下ごしらえ」の差

普通の主婦は、まずひき肉を炒め、火が通ったら、豆板醤・甜麺醤・にんにくで味付けしてく。そこに食べやすい大きさに切った豆腐を入れて、水溶き片栗粉を加えたらできあがり。

プロの料理人は、まず豆腐をゆでる。ゆでることで、豆腐の弾力が出て割れにくくなるため。豆腐が割れると、中から水分が出てきてタレが薄まってしまう。

約5分ゆでた豆腐を、炒めたひき肉と合わせ、味付けしたら、完成!

 

【minnano編集部】
確かにそのまま豆腐を入れると、豆腐は崩れてしまいますよね!

豆腐を下茹でするだけで水っぽくならずに美味しいマーボー豆腐ができるとは?!試してみたいと思います!

みなさんの感想やエピソード、オススメのチャーハンレシピなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年7月12日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)