【この差】「薄いお餅で巻いた桜餅」と「お餅で包んだ桜餅」の差

 
専門家:梶山浩司(東京製菓学校 校長)

 
この差は・・・

 「関東で生まれた」か「関西で生まれた」か どうか



「薄いお餅で巻いた桜餅」は「関東」。「お餅で包んだ桜餅」は「関西」

 

なぜ「関東」と「関西」で、桜餅の形が違うのか?

先に生まれたのは、「関東」の桜餅。1717年(江戸中期)、長命寺でサクラの落ち葉掃除に悩んでいた山本新六が、そのサクラの葉を商売にできないかと考え、「薄いお餅で巻いた桜餅」を発売



花見客に大評判となり、大ヒットに。ちなみに、桜の葉は、もともと「香り付け」や「乾燥防止」に付けていたもので、塩漬けはすぐに乾燥してシワシワになってしまう桜の葉をきれいに保存するためだった。


それを一緒に食べるようになったのは、ある時、お客が餅と桜の葉を一緒に食べてしまい、その味が評判となったことによる偶然の出来事だった。


その後、この関東の桜餅は、関西にも伝わった。しかし、当時関西では「道明寺粉」という「もち米」を蒸して乾燥させて砕いた粉で作ったお餅が定着しており、塩漬けにした桜の葉でお餅を巻くという手法だけが取り入れられて、現在の「関西の桜餅」の形になった。


 

桜餅の生みの親のお店は現存する!

現在でも長命寺の隣、「長命寺 桜もち」という店名で営業

桜餅も「長命寺桜もち(200円)」で販売されており、3枚の葉で包まれている桜餅で、白いお餅が特徴。

 

【minnano編集部】
桜餅といえば、絶妙な塩気と香りの桜の葉を一緒に食べることが美味しさの理由と思っていましたが、、、その食べ方があるお客さんの偶然によるものだったとは!?そもそも桜餅の誕生理由が、掃除の手間を省くために桜の葉を再利用しようと考えたことによるものだったとは!?驚きの連続です!!
最近では「薄いお餅で巻いた桜餅」と「お餅で包んだ桜餅」のどちらも販売しているお店も多いように感じますが、みなさんはどちらの桜餅がお好きですか?みなさんの桜餅レポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年3月6日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)