【この差】「値段が高い梅干し」と「値段が安い梅干し」の差

専門家:梅本昌宏(中田食品 副工場長)

 

【この差】は…

 梅に「黒い斑点」があるか どうか

 

【この差】のポイント!

 〇味に違いはないが、黒い斑点があると「口当たり」や「見栄え」が悪いため、値段が安くなる!

 

「値段の高い梅干し」も「値段の安い梅干し」も同じ木の梅でできている!

梅の種類、メーカー、重さなどが同じでも値段が違うのは、「値段が高い梅干し」には「黒い斑点がない」が、「値段が安い梅干し」には「黒い斑点がある」から

「黒い斑点」は、「カビの菌」が原因でできた傷。「梅」を塩漬けした時に殺菌されているので、全く体には問題ない。

同じ畑から採れても、どの梅にも「黒い斑点」ができる可能性がある。

梅は4月頃青い実がつき、およそ2ヶ月かけて「梅干しのサイズ」まで大きくなる。

その間に風によって飛んできた菌がたまたま付いてしまった梅だけ、「黒い斑点」がついてしまう。

6月になると黄色く完熟した梅が自然に地面に落ちるため、梅農家の人たちが「黒い斑点がある梅」と「黒い斑点がない梅」に手作業で仕分けている。

どれくらいの割合で黒い斑点がある?

全体の梅の40%ほど

が、黒い斑点のない「値段の高い梅干し」になり、「特選シール」が貼られ、全国のスーパーに出荷されている。

 

味に違いはあるの?

あまり味に違いは感じられないが、「黒い斑点のある梅干し」は、その部分がザラッとした食感になる。

黒い斑点のない無傷の梅干しは、口当たりもなめらかで美味しいが、「黒い斑点」があると、口当たりが悪く見栄えも悪いため、値段が安くなる

 

【minnano編集部】
「梅干しの値段の差」が「黒い斑点」だったとは?!

しかも、その斑点が「カビ」による傷だったとは?!斑点がある梅とない梅を手作業で仕分けていることにも驚きです!

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年5月29日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)