【この差】「万能ねぎ」と「小ねぎ」の差

 
専門家:齊賀央朗(マルダイ 店長)、星野正徳(JA筑前あさくら

 

【この差】は…
 
福岡県の一部で採れたブランドねぎか どうか

 

【この差】のポイント!

「万能ねぎ」と「小ねぎ」は同じ品種。
「万能ねぎ」は福岡県産の「小ねぎ」。

 

なぜ福岡県で採れた「小ねぎ」を「万能ねぎ」というのか?

最初発売された当時は「福岡高級青ねぎ」という名称だった。
昭和51年に京浜地区への出荷を始めたが、当時関東では「白ねぎ」が一般的で、「小ねぎ」の使い方が分からないため、全くと言っていい程売れなかった

そのため、東京のスーパーの店頭で試食・宣伝し、福岡県産の「小ねぎ」は、「薬味」としてはもちろん、「ぬた」や「お鍋」などどんな料理にでも使えることをアピールした

さらに、「福岡高級青ねぎ」という名前では緑の部分が多いねぎという事が強調されているので、名前を見直した結果、「いろいろな料理に使えるねぎ」から「万能ねぎ」という名前が誕生した。

そして、現在年間2500トンを売り上げる一大ブランドねぎに成長した。

 

【minnano編集部】
「小ねぎ」と「万能ねぎ」は品種が違うのかと思っていました。

今の関東では、どんなスーパーでも「青ねぎ」が店頭に並んでいて、家庭でもお店でもよく「青ねぎ」が使われていますが、以前はあまり食べられていなかったとは驚きです!

みなさんの感想やエピソード、オススメレシピなどレポして下さると嬉しです!
みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年8月7日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)