【この差】「食塩」と「食卓塩」の差

 
専門家:菅原晃彦(塩事業センター

 

【この差】は…
 
日本の海水がもとになったか どうか

 

【この差】のポイント!

「食塩」は日本の海水がもとになった塩で、「食卓塩」は海外の海水がもとになった塩。

 

「食塩」と「食卓塩」はもとになる海水が違う!

「食塩」は日本の海水、「食卓塩」は海外の海水がもとになっている

「食塩」の原材料を見てみると「日本」と記載されており、「食卓塩」の原材料を見てみると「メキシコ」など外国の名前が記載されている。

 

なぜ海外の塩から作ったものを「食卓塩」と名付けた?

明治時代、日本には西洋からさまざまな文化が入ってきたそのひとつが、テーブルに塩を置いて料理に味付けをするという文化

しかし、当時の日本の技術ではサラサラとした塩をつくろうとすると、コストがかなりかかってしまった。

海外の塩の産地は陽射しが強く空気も乾燥しているため、塩田と呼ばれる砂地に海水を撒いて天日干しするだけで塩ができるが、日本では陽射しが弱いうえに湿度も高く、雨もよく降るため、塩田で海水を天日干しするだけでは水分が抜けきれずサラサラとした塩ができない。そこで、日本では塩田でとれた塩に海水を混ぜ合わせて、それを釜で煮詰め、十分に水分を抜くことでサラサラとした塩をつくっていた

しかし、この方法だと非常に手間とコストがかかるため、当時は安い塩を輸入してサラサラとした塩をつくることにした。そして、食卓で使う塩のため「食卓塩」と名付けられた

 

【minnano編集部】
「食塩」と「食卓塩」はもとになる海水が違うとは知りませんでした!

日本の古来からの塩の作り方は、本当に手間がかかりますね。湿気の多い日本での塩づくりの大変さがよく分かりました!

みなさんの感想やエピソードなどレポして下さると嬉しいです!
みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2018年8月7日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)