座って帰れる全席指定「京王ライナー」

京王ライナー
京王ライナー

出典 https://www.keio.co.jp/zasekishitei/

 
京王線の5000系は、京王電鉄が16年ぶりに導入した今話題の新型車両。2017年9月から通常列車として運転していましたが、2月からはついに京王電鉄初の座席指定列車「京王ライナー」として運行が開始しました。

お仕事やおでかけで疲れた帰り道に、“座って帰れる”を実現してくれる夢の特急。みんレポにも、京王ライナー運行前から期待の声が多数寄せられています♪

 
【みんレポユーザーさんの声】

ミンナノユニバース さん(東京/男性)

minrepologo02

 

京王線

来年2018年導入予定の新型車両と遭遇しました!16年ぶりの新型車両とのことです。来月9月17日に試乗会が開かれる予定なので、試運転かな?
この車両の売りは、空気清浄機、無線LAN、コンセント付きの席です。帰宅時間帯には予約も出現するそうです。
まるで新幹線や特急列車ですね。来年が楽しみです。

※2017年8月にいただいたレポです。

 

ガリレオ さん(東京/男性)

minrepologo02

 

京王線

京王線 新型車両 「5000系」が通常列車として運転開始しましたね。まだ出会えてないですが、乗れるのが楽しみです。
従来車両と比べ、だいぶイメージが違うので、乗り逃したり、乗り遅れないようにしないと^_^
来年春には「座席指定」もはじまるので、そちらも楽しみです。

 

京王ライナーとは?

京王ライナー

出典 https://www.keio.co.jp/zasekishitei/
 
京王ライナーとは、京王線の新型車両5000系の座席指定列車サービス。行先は新宿から橋本、または京王八王子です。

乗車券にプラスして指定席券(400円)を購入すれば、だれでも絶対に着席可能!快適な移動時間を過ごせます。

アイボリー調の車体の多い京王線でしたが、新型5000系はシルバーを基調に黒いフロント面とコーポレートカラーの鮮やかなピンク(京王レッド)が印象的。シュッとしたスマートなデザインが、新しさを強調します。

落ち着いた木目の床や、八王子の絹織物をイメージした座席シートもとってもシック。LEDの間接照明は調光機能により、通常列車として運行する時は昼白色、座席指定列車として運行する時は落ち着いた暖色とシーンに合わせてさりげなく変化します。

 

リラックスできるクロスシート

京王ライナー

出典 https://www.keio.co.jp/zasekishitei/

5000系の肘付きの座席は、日中は都内を走る通常の電車と同様にロングシート。
 
【利用者の声】

 
しかし特急の京王ライナーとして運行するときは、クロスシートに切り替え!4人乗車の際にはボックスシートにもできるので、東京を走る列車としては新鮮です。

1人1つ利用できるようすべての座席に電源コンセントを設置され、京王ライナー乗車時に使用可能。無料Wi-Fiも完備。ビジネスパーソンにはうれしいですね♪

 
【利用者の声】


 

運転区間は?

京王ライナー

出典 https://www.keio.co.jp/zasekishitei/ride/index.html#railwaymap

京王ライナーの運行は、京王八王子行きの京王線と、橋本行きの相模原線とどちらも新宿駅からの下りのみ。

【京王線】
新宿→府中→分倍河原→聖蹟桜ヶ丘→高幡不動→北野→京王八王子
 ※府中までが座席指定券が必要な区間。

【相模原線】
新宿→京王永山→京王多摩センター→南大沢→橋本
 ※京王永山までが座席指定券が必要な区間。

いつもの停車駅をスイスイ通過して、例えば京王多摩センター駅までなら最速24分、京王八王子までなら最速35分で到着です♪

 

運行時間は?

京王ライナー

出典 https://www.keio.co.jp/zasekishitei/

京王ライナーは、現在夜間のみ、1時間に1本の割合で運行中。

平日は、京王八王子行きは20時から始まり24時が最終。橋本行きは、20時半から始まり24時20分が最終と、遅い会社帰りに対応します。

京王ライナーは通勤ライナーとしてはめずらしく、土休日も走ります。

土休日は、京王八王子行きが17時から始まり21時が最終。橋本行きは、17時20分から始まり21時20分が最終です。いっぱい遊んだ帰り道に利用できる時間設定がうれしいですね!

 
【みんレポユーザーさんの声】

あーちゃん さん(東京/女性)

minrepologo02

 

京王ライナー

京王線に新登場した京王ライナー。
全席座席指定だから帰宅時間帯でもスペース広々。疲れた帰り道にゆったり座って帰れるのはやっぱり快適です!
今日は電車好きの子どものために特別乗車。降車駅的には乗る必要はないのですが、ちょっと病みつきになりそう(*^^*)

 

乗車券の購入方法は?

出典 https://www.keio.co.jp/zasekishitei/ride/index.html#railwaymap

降車駅が合うのならとっても便利な京王ライナー。最初の停車駅までは指定席券が必ず必要で、買わずに乗車した場合、車内で700円の割増料金を支払います。

切符の購入方法はインターネットまたは駅の券売機から購入可能。どちらも当日運行する列車を、朝4時30分から予約することができます。

インターネット予約では細かく座席を選ぶことができることが大きなメリット。改札内の券売機では席は自動で割り振られ、改札の外の券売機では車両のみを選ぶことができました。選択された座席の場所は、購入前に画面で確認可能です。

2018年3月22日からは、京王ライナーの座席指定券Web購入サイト「京王チケットレスサービス」で、従来は15分前までだったチケットの購入が発車1分前までできるように。(※発車15分前を過ぎると座席は号車と座席タイプの指定のみ)京王線ユーザーはチェックしておきたいですね♪

 

乗客の反応は?

 
【利用者の声】



 

昼間は各駅停車

 
【みんレポユーザーさんの声】

ちーちー さん(東京/女性)

minrepologo02

 

京王線 新型車両

新宿駅で偶然見掛け、準特急に乗るのをやめて、各駅停車の新型車両に乗りました。
揺れが少なく乗り心地は良かったのですが、シートの座面がほぼ平で、若干固めな感じがしたので、いままでの電車の方が座りやすい感じがしました。
各駅停車に乗ったので、目的の駅まで倍以上の時間がかかりました(><)

 
【利用者の声】



 
 

まとめ


京王線初の座席指定列車「京王ライナー」いかがでしたでしょうか?

シャープな外観と高級感のある内装を取り入れた、通勤列車とは思えない仕様の列車です。

夜にゆったり座って帰れる快適さが好評で、利用者からは「有料だけどやみつきになりそう…」との声も多くきかれました。土休日も運行しているので、通勤帰りだけではない利用客も乗れることもポイントが高い様子。これからの動向にも注目したい電車です。

新しい交通が増えることで、みなさんの毎日やお出かけがより便利になるといいですね!ミンナノの姉妹サイト「みんレポ」では、みなさんのおでかけレポ投稿をお待ちしています!