梅雨の楽しみ♪アジサイ名所5選【西日本編】|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

出典 https://www.mimurotoji.com/event/hydrangea-lightup.html
 
 雨が続く梅雨の時期。気分を明るくしてくれるのは、しっとりと美しいアジサイの花ですね。

 西日本にもアジサイが色鮮やかに彩る素敵なスポットがたくさん!今回はアジサイ名所「西日本編」をお届けします!
 
 

【西日本】アジサイ名所5選

 〇 智積院(京都府京都市東山区)
 〇 全長寺(滋賀県長浜市)
 〇 あじさい曼荼羅園(和歌山県上富田町)
 〇 大阪府民の森 ぬかた園地(大阪府東大阪市)
 〇 阿弥陀寺(山口県防府市)
 

 
 

総本山智積院(京都府京都市東山区)

 
【みんレポユーザーさんの声】

よしみさ さん(滋賀/女性)

minrepologo02

 

総本山 智積院

京都駅から京女のある、東山七条の智積院へ紫陽花を見に行ってきました〜
奥には志半ばで亡くなられた僧のお墓があり、その方々へのアジサイ園かもしれませんね(*^^*)
 
ハート紫陽花を発見♥️見事にこちらを向いて居て、バッチリのアングル〜
 
京都 宇治の三室戸寺が紫陽花では有名ですが、ここのハート紫陽花も有名〜あまりにも有名な所は人がいっぱい❗️でもここは紫陽花で有名な所ではないので、ゆっくり見られました(*≧∀≦*)

 
 みんレポユーザーさんから、アジサイ穴場スポットのご紹介です♪

 智積院(ちしゃくいん)は、京都市東山七条にある真言宗智山派の総本山。東山随一とも呼ばれる庭園や長谷川等伯一門による金碧障壁画を所有することでも有名ですが、6月には青葉モミジの中で見頃を迎えるアジサイも見事。6月~9月にかけては寺紋にもなっている桔梗の花も見られます。

 三十三間堂近くにあり、比較的アクセスしやすい智積院。「よしみさ」さんのおっしゃる通り、アジサイをゆっくり眺めて過ごしたい方におすすめです♪
 
〇青葉まつり勤修

出典 http://www.chisan.or.jp/event/list/detail/id=1253
 
 総本山智積院では2018年6月15日、真言宗の宗祖・弘法大師空海と中興の祖・興教大師覚鑁のご誕生をお祝いする「青葉まつり」を勤修します。

 どなたでも参拝が可能。法要はもちろん、名勝庭園や国宝障壁画などの無料拝観、お茶席、まんだら市(フリーマーケット)、諸堂めぐり(ご朱印集め)が開催予定です!
 
 

【施設情報】
 名称:総本山智積院(ちしゃくいん)(Webサイト
 住所:京都府京都市東山区東大路通り七条下る 東瓦町964
 拝観時間:9:00~16:00
 拝観料:500円、高校生300円、中学生300円、小学生200円
  ※収蔵庫および名勝庭園の拝観時間と拝観料

 

 
 

全長寺(滋賀県長浜市)

出典 http://www.e-kohoku.net/zenchoji/zenchoji.html
 
 アジサイとダルマのお寺として有名な全長寺。奥琵琶湖にあるこのお寺のアジサイの見頃は6月下旬~7月上旬なので、京都などでは花の盛りが終わった頃に、美しく咲き誇る50種1500株のアジサイを楽しめます。
 

出典 http://www.e-kohoku.net/zenchoji/
 
 境内の散策は無料ですが、せっかく曹洞宗・久澤山の全長寺に来たのなら、ぜひ本堂の達磨大画像や馬頭観音菩薩像も拝観されてはいかがでしょうか。

 
【みんレポユーザーさんの声】

YOU1 さん(滋賀/男性)

minrepologo02

 

滋賀県長浜市余呉町池原885

滋賀県の北の端、旧余呉町(現、長浜市)にある全長寺。
昨年も訪れたこのお寺はあじさい寺として売り出し中(^^;昨年は花の時期がずれてしまったのですが今年はバッチリ!ちょうど見頃でした。
境内の至るところに紫陽花があります。種類は何種類あるのでしょうか、色は青、ピンク、紫、白と何でもある感じ、形も額紫陽花、西洋紫陽花、その他…品種名が分からないので(^^;とにかくたくさんの品種あり~♪
このお寺の凄いのはこれだけの紫陽花がなんと無料で鑑賞できるところ(*^O^*)よく見ると最近植えた紫陽花もあり、まだまだ増えそうです。訪れた際にはせめてお参りしていきましょうね♪
(一部抜粋)
【minnano編集部】
たくさんの種類のアジサイが見られるとのこと。まだまだ増えそうだなんて毎年訪れるのが楽しみになりそうですね!

 

【施設情報】
 名称:全長寺(Webサイト
 住所:滋賀県長浜市余呉町池原
 入山拝観料:大人300円

 
〇余呉湖あじさい園

出典 http://yogokanko.jp/ajisai
 
 奥琵琶湖に来たのなら、天女の羽衣伝説で有名な余呉(よご)湖のアジサイもおすすめ。湖畔に咲く約1万本のアジサイの美しい景観を楽しめます。

 

 
 

あじさい曼荼羅園(和歌山県西牟婁郡上富田町)

出典 http://www.katahara-spa.jp/ajisai/
 
 園内面積約2,000坪に約120種、約1万株のあじさいが咲きほこる紀南屈指のあじさい園。昭和60年にアジサイ好きが集まり、救馬溪観音の境内にアジサイの苗を植えたのが始まりだそう。

出典 https://www.facebook.com/ajisaimandara/
 
 救馬溪観音の境内にある「あじさい曼荼羅園」の名前の「曼荼羅(マンダラ)」とは、サンスクリット語の音写。救馬溪観音の執事さんが、「あじさいの花は小さな花がたくさん集まり丸くなろうとしていて、まるで曼荼羅のよう。いろんな種類の植物をこの園内に植え、いつの季節でも訪れる人々の心を和ませることができるように」と願いを込めて名付けたのだそうです。

 願いの通り、口熊野に位置する自然園には6月1日の開園から多くの人が多くの人が訪れます。境内は聖域のため駐車場からはちょっと遠くにありますが、歩きやすい服装をして、マイナスイオンを浴びながらたくさんのアジサイを鑑賞なさってくださいね。
 
【来訪者の声】


 
 

【施設情報】
 名称:あじさい曼荼羅園(ホームページ
 住所:和歌山県西牟婁郡上富田町生馬313 救馬溪観音内
 開園期間:6月1日~7月10日
 開園時間:9:30~16:00
 入園料:高校生以上500円、小中学生250円

 

 
 

大阪府民の森 ぬかた園地(大阪府大阪市)

出典 http://osaka-midori.jp/mori/
 
 生駒山の中腹に位置する国定公園のぬかた園地は、大阪府内随一のアジサイの名所として知られています。

 延長1,500メートルの遊歩道「あじさいプロムナード」には約30品種2万5,000株のアジサイ。幻のアジサイとされていた小さな星型の「七段花」を始め、さまざまなアジサイが色とりどりに咲き誇ります。

 
【来訪者の声】


 
 6月中旬から7月中旬には「あじさいまつり」を開催。豊かな自然が残る森の道はアップダウンに富んでいるので、ハイキング気分でお出かけくださいね。
 
 

【施設情報】
 名称:大阪府民の森 ぬかた園地(ホームページ
 住所:大阪府東大阪市山手町

 

 
 

阿弥陀寺(山口県防府市)

出典 http://www.c-able.ne.jp/~amidaji/ajisai_f.html
 
 西日本一のアジサイ寺とも言われる東大寺別院阿弥陀寺。80種4,000株のアジサイが咲き誇る中、毎年6月には「アジサイ祭り」を盛大に開催します。

 昭和50年頃から植樹を始めたアジサイは、山アジサイやガクアジサイ、本アジサイ、西洋アジサイ、コアジサイ、ウツギなどで色合いも多彩。本堂や念佛堂、仁王門などお寺の見どころとともに咲いているので、広い境内を幅広く散策しながら楽しめます。
 
【みんレポユーザーさんの声】

peterrabbit さん(山口/男性)

minrepologo02

 

東大寺別院 周防阿弥陀寺

防府市のあじさい寺、阿弥陀寺♪入る時、200円取られます♪けど、その価値は有るかな♪
【minnano編集部】
奈良東大寺別院の古刹でみられるアジサイは風情がありますね。広い境内なのでゆっくりたっぷり楽しめそうです。

 
 

【施設情報】
 名称:東大寺別院 阿弥陀寺(ホームページ
 住所:山口県防府市大字牟礼坂本1869

 

まとめ


梅雨の楽しみ♪アジサイ名所5選【西日本編】|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ いかがでしたでしょうか? 

梅雨が似合うお花と言えばやはりアジサイですね。2018年は春からお花が早く、アジサイの見頃も早まっているそうです。気になるアジサイスポットにはお早めにお出かけくださいね!

これからも、みなさんからのおすすめの「アジサイ名所レポ」や「おでかけレポ」をお待ちしています!