みんなの工場見学「白洋舎 多摩川工場」|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

出典 http://www.hakuyosha.co.jp/company/06/

 
日本最大級のクリーニングチェーン「白洋舎」
いつもの生活に身近な物が作られる様子が見られて興味深い工場見学。飲んだり食べたりできる食品工場も楽しいものですが、あなたの衣服をケアしてくれるクリーニングの工場も見学できるってご存知ですか?

 
日本のクリーニングのパイオニア
専門の職人が働き、手仕事の大切さが伝わってくるようなクリーニング工場見学。ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

明治39年創業の白洋舎は、翌年には日本最初のドライクリーニング工場を開設した日本のクリーニングの草分け的存在。現在でも、日本最大規模のクリーニングチェーンであるとともに、高品質な仕上がりが多くの顧客に支持されています。

そんな白洋舎は、東京・大田区の多摩川工場、名古屋工場、京都工場、大阪・吹田工場で、おもに学校の社会科見学などの団体向けに無料で工場見学を実施しています。10名からOKなので、お友達とのグループで参加してみてもよいですね。

今回は、東京エリアの200以上の店舗のクリーニングを担当する多摩川工場をご紹介します。

 
工場も日本最大級

出典 http://www.hakuyosha.co.jp/company/06/ 
 
日本最大級のクリーニング工場である多摩川工場では、大型洗濯機やワイシャツのプレス機、プロのアイロンがけの技術や200以上の店舗、集配ルート向けにクリーニング品を仕分けしていく装置などを見学することができます。

 
見学所要時間は約90分
1.オリエンテーション
2.工場見学(約50分)
3.質疑応答(約20分)
 
担当者の説明を受けながら、おびただしい数のワイシャツやコートがクリーニングされていく様子を見学して全部で1時間半ほど。

マシンウォッシュのできない特殊な素材・デザインを扱う「ハンドケアクリーニング」や、最高レベルの技術者が一点一点ていねいに洗い、しみを抜いて仕上げていく「カスタムクリーニング」という最高級クリーニングサービスを持つほど品質にこだわる白洋舎では、どれだけ機械化が進んでも人が関わらないとできない作業も多く、工場内でも多くの人が働く姿が見られるのだそう。ベルトコンベアーが整然と並ぶ工場とはまた違った雰囲気が、体験できそうですね。

 
予約方法は?

基本的には団体向けの白洋舎の工場見学。10~30名での申込みを受け付けています。

見学実施期間も工場により異なり、多摩川工場は11月~2月の月曜日から金曜日(祝祭日や年末年始などを除く)。見学の2か月前の1日から希望日の前月17日まで、電話にて申込みを受け付けます。

 
多摩川工場に来たら洗濯資料館も見学したい

出典 http://www.hakuyosha.co.jp/company/07/ 
多摩川工場に近接する白洋舍本社ビルの1Fには、創業者の五十嵐氏を記念して作られた「五十嵐健治記念洗濯資料館」があります。

クリーニングの歴史や、洗濯やアイロンに関する興味深い資料が多数展示された資料館。当日に白洋舍本社の受付で入館したいと伝えれば、予約は不要です。
 

【白洋舎 多摩川工場】

名称:白洋舎 多摩川工場(ホームページ
所在地:東京都大田区下丸子2-11-1
見学実施時期:11~2月の月~金曜日(祝祭日・年末年始等を除く)
見学時間:14:00~15:30(約1.5時間)
見学可能人数:10~30名(団体でお申し込みください)
予約開始日:見学の2か月前の1日(土日・祝祭日等を除く)より受付開始
予約方法:見学希望日の前月の17日までに、白洋舍洗濯科学研究所に電話にて申込み
最寄駅:東急多摩川線下丸子駅下車徒歩7分

【五十嵐健治記念洗濯資料館】

名称:五十嵐健治記念洗濯資料館(ホームページ
所在地:東京都大田区下丸子2-11-8(白洋舍本社ビル1F)
開館時間:10:00~17:00
休館日:土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始
入館料:無料
最寄駅:東急多摩川線下丸子駅下車徒歩10分

まとめ

おでかけしよう!おすすめ工場見学まとめ「白洋舎 多摩川工場」いかがでしたか?

機械による自動化だけではなく、人の手を通して衣服がよみがえる工程を見られる工場見学も貴重な体験。少しお値段の張るクリーニング料金も、その手間ひまを知ることで納得できるのではないでしょうか。

みなさんの行かれた工場見学のレポをお待ちしています。

次回もお楽しみに!