ハイセンスでどこか温かい|北欧コーヒー「My Coffee Shop vol.10 」

hokuou-cafe2
ノルウェー、フィンランド、スウェーデンー北欧と言えばみなさんは何をイメージされますか?寒さ厳しい大自然、洗練されたデザインの雑貨、食器、インテリア…でしょうか。実は北欧では「コーヒー」もとても有名で、その消費量は日本の約3倍!北欧はコーヒー大国でもあるのです。

国際コーヒー機関ICOの統計にと、2013年度に発表された世界1人当たりのコーヒー消費量は、日本が3.36kg、英国2.80kg、アメリカ合衆国4.20kgに対し、フィンランド12kg、ノルウェー8.70kg、デンマーク8.60kg、スウェーデン7.31kgと、北欧勢の圧倒的なコーヒーの消費率が見てとれます。

(出典:livedoorNEWS

 
My Coffee Shopシリーズも第10回目となりました。今回は、「北欧コーヒーのヒミツ」に迫ってみたいと思います!

 

〇コーヒーのある場所

北欧は大自然に囲まれていて、登山、ハイキング、釣りが生活の一部になっています。川の水で沸かしたコーヒーを楽しむのも一般的だそうです。また、冬になると暗くて寒さ厳しい日々が続きますので温かいコーヒー一杯はとても大切なものです。野外でもカフェでも家でも、また教会、会社や学校でも「温かいコーヒー」を片手に人々が集まっているシーンがよく見られます。
naturecoffee
(参考:マイナビウーマン

 

〇世界一のコーヒー:ノルウェー(オスロ)

北欧コーヒーの代表といえばノルウェーのコーヒーです。浅く焙煎され、ブラックで飲まれるのが一般的です。ノルウェー人は一般的にシャイな国民性だといわれています。コミュニケーションのきっかけとして「コーヒー飲もうか?」の一言が使われるそうです。

ニューヨークタイムスで「世界最高品質のコーヒー。飛行機で飲みにいく価値がある!」と絶賛されたノルウェーのコーヒー。その代表格のカフェが「FUGLEN(フグレン)」です。「エアロプレス」という器具を使って、豆のエキスを絞りだすため、フルーティーな味わいがすると評判のコーヒーです。
(参考:All about
fuglenofficial1fuglenofficial2

 
世界最高のコーヒーは東京でも飲むことができます。ノルウェーの浅煎りコーヒーの洗練された味を是非お楽しみください。

 

Fuglen Tokyo(フグレン トウキョウ)

日本の珈琲店フグレン
住所:〒151-0063 東京都渋谷区 富ヶ谷1−16−11
TEL: 03-3481-0884
最寄り駅:代々木八幡駅
営業時間:[月・火] 8:00~22:00 [水・木] 8:00~翌1:00 [金] 8:00~翌2:00 [土] 09:00~翌2:00 [日] 09:00~翌0:00
定休日:なし

URL: http://www.fuglen.com/

 

〇サンタもコーヒーブレイク:フィンランド

コーヒーの消費量ではノルフェーとトップ争いをしているのが、フィンランドです。フィンランドでもコーヒーは「コミュニケーションドリンク」として、人が集まるなシーンでなくてはならない存在です。プッラ(pulla)と呼ばれる甘いパンが、フルーティで品のいい酸味のコーヒーによく合います。
フィンランドのシナモンロール
(出典:All About

 
フィンランドといえば、サンタクロースが住む国。クリスマスの季節にはコーヒーはどう飲まれているのでしょうか?カルダモンシナモンといったスパイスを入れて、ジンジャークッキーと共にクリスマスの香りを楽しみます。

フィンランドサンタクロース村のカフェ

サンタクロース村のコーヒーショップ(出典:サンタクロース村

【minnano編集部】これからが忙しさの本番のサンタさん。ぜひ「コーヒーブレイク」をしっかりとって、今年も子供達に夢を届けてほしいですね。

 

〇コーヒーの時間を大切に:スウェーデン

スウェーデンの北欧らしいコーヒー文化は「フィーカ/Fika」と呼ばれる習慣です。「フィーカ/Fika」という言葉は家族、友人、恋人とコーヒを飲む時間を意味します。Kanelbulle(カニエルブッレ)と呼ばれるシナモンロールなどと共に、仕事中に「フィーカ」したり、カフェでの「フィーカ」での時間をカジュアルに楽しんだりします。「Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)」日本では「ちょっとお茶しない?」ですね。
(参考:ウィキペディア

google-fika
Google社ストックホルムオフィスのカフェ

fika2

Kanelbulle(カニエルブッレ)

(出典:macaroni

 

〇日本で飲める北欧コーヒー

東京の富ヶ谷にある「フグレン」の他にも、北欧コーヒーが飲めるカフェをご紹介します。

OSLO COFFEE(オスロコーヒー)

oslo-official2

麻布十番店、白金台店、五反田駅前店他、横浜市、名古屋市にも店舗あり
URL: http://www.oslo-coffee.com/

 
「星乃珈琲店」(参照:minnano「my coffee shop vol.4」 )を手掛けているドトール・日レスホールディングスのコーヒーチェーンです。深煎りでエアロプレス方式のキングと浅煎りでハンドドリップのクイーンの二つのコーヒーが楽しめます。北欧デザインのインテリアと照明も人気です。

oslo-official-1
(写真:oslo公式ページより 左:キング 右:クィーン)

 
みんレポユーザーさんも試されている方がいらっしゃいます。レポご紹介させていただきます。

 

〇みんレポユーザーさんのosloコーヒーレポ

カコさん(東京/女性)

minrepologo021oslo-kako
麻布十番のオスロコーヒーの「KING ICED(急冷式)」(600円)*すっきりしていて、美味しかったです~

 

カツミンさん(東京/男性)

minrepologo02
2oslo3oslo4oslo

白金台を仕事休憩中に、ぶらぶらしてたら、Osloコーヒーがあったので、キングコーヒーを頼みました。今日は、暑かったので、ホットコーヒーを頼みました。美味い。深みがありコクが、ありほどよい酸みで、美味い。値段は、500円ですよ。高級コーヒーなのに、値段格安です。白金台にお越しの際は、立ち寄りしてね。

【minnano編集部】すっきりしてしているのに、コクがあり、ほどよい酸味のOsloコーヒー。皆さまも是非試されてはいかがでしょうか?

 

まとめ

北欧コーヒーいかがでしたがでしょうか?日本人もシャイな国民性なので「お茶しない?お茶行きましょう!」という言葉で始まるコミュニケーションはとっても共感できますよね。今回はcoffeeを通して北欧の文化と日本の文化の共通点が発見できて嬉しくなりました。
また、大自然の中でコーヒーを飲むという習慣も北欧らしい気がします。

洗練されているけれども、どこか自然の温かみが感じられる北欧コーヒー。みなさんも是非、北欧コーヒー試してみてくださいね。

Coffeeあるところに「ちいさな発見と幸せ」あり。引き続き、みんレポユーザーの皆さんのコーヒーレポ、楽しみにお待ちしています。