空を見上げる時はこんな気分!SNS投稿から見る心理

75d1bd23567b84dedd64741545184975_s

すっかり春の陽気になって、空を見上げると気持ちが良いですね。

みんレポでは、「みんレポ写真部」として空の写真を募集したところ、全国の皆さんから続々と素敵な投稿が寄せられました!

北海道から沖縄まで、いいね数が多かったレポをピックアップしてご紹介します。

 

~北海道・東北レポ~

●「お題:『空』」 青空さん(岩手/女性)

minrepologo02 63020160407062108_ss 63020160407062110_ss
「おはようございます(^_^)昼と夜の空の写真です(*^^*)私は昼でも夜でもよく空を見上げます(^^)良い事を報告すると、良かったなって言ってくれてそうで。ドジした事を報告すると、バカだなって叱ってくれる気がして。空を見上げて、大事な人達に話しかけています(*^_^*)亡くなって何年何十年経っても忘れたくないので、空を見て話しかけます(⌒‐⌒)」

 

~関東レポ~

●「空」 カコさん(東京都/女性)

minrepologo02 kantou
「会社へ向かう時に、桜が綺麗だったのでスマホを向けたら、スカイツリーが!空のお題にレポしようと思って、パチリ(笑)」

 

~中部レポ~

●「自宅」 秋葉のアルビ君さん(新潟県/男性)

minrepologo02 cloud_chubu1
「お題レポ。今日の自宅上の空です、晴れて気持ち良い午後ですよ(^_^)」

 

~近畿レポ~

●「お題 空」 よしみささん(滋賀県/女性)

minrepologo02 cloud_kinki

「夕陽が落ちます…最近お天気悪くてなかなか撮れず…久々の夕焼けレポです(≧∇≦)」

 

~中国レポ~

●「お題「空」」 亜弥さん(島根県/女性)

minrepologo02 chugoku

「お題空今日も曇カラット晴れ空は珍しいです桜綺麗ですね…今日もこの空の下で頑張る…」

 

~四国レポ~

●「夜勤明けの朝焼け」 flstc.92さん(高知県/女性)

minrepologo02 cloud_shikoku
「今日も頑張ろうと思いました。」

 

~九州レポ~

●「熊本県阿蘇」 ウニかもさん(福岡県/女性)

minrepologo02 cloud_kyushu
「果てぇしぃなぁいぃ~大空とぉ~広いぃ~大地のぉ~そのっ中でぇ~いつの日かぁ~幸せぇ~をぉ~自分のぉ~腕でぇ~つかむようぉ~こご………写真部入部希望っっ  ダゼぇ~♪( ̄ー ̄)/」

 

どれも素敵な写真ばかりですね(^_-)-☆

 

■空を見上げて何を思う?

みなさんはどんな時に空を見上げますか?空と言っても色々ありますね。青空、夕焼け、飛行機雲・・・。それぞれの場所で、それぞれの気持ちで見上げる空。でももしかしたらそこに共通点があるかも?!

という訳で、「夕焼け」「朝焼け」「夜空」の3つの空をピックアップして、皆さんがどんな気持ちで投稿しているのか、ブンセキしてみました。

 

「夕焼け」

「夕焼け 空」と一緒によく書かれていたのが、「きれい」や「夢」といった単語でした。

「夢」では、こんな投稿が。

子供の頃、だれもが一度は口ずさんだことがある童謡「夕焼けこやけ」の中に、「小鳥が夢を見るころは」の歌詞が出てきます。

夕焼けは、暖かい・懐かしい気持ちを感じて投稿する方が多いようです。

 

ちなみに、2015年6月27日は「夕焼け  空」に関するSNS投稿数が多かったのですが、この日はこんな素晴らしい夕焼けが各地で見られたようです。

 

「朝焼け」

「朝焼け 空」と一緒によく書かれていたのが、「きれい」や「空気」「雲」といった単語。

「空気」では、こんな投稿が見られました。

朝焼けは、朝の済んだ空気感と一緒にすがすがしい・前向きな気持ちで投稿する方が多いようです。

 

ちなみに、「朝焼け  空」でSNS投稿が多かったのは2015年7月19日でしたが、その時にリツイート(拡散)されていたのがこちらの記事でした。

梅雨明けと同時の二重の虹。こんな幻想的な風景を肉眼で見られた人は、ラッキーでしたね!

 

「夜空」

「夜空」と一緒によく書かれていたのが、「星」や「きれい」「花火」といった単語でした。

「星」では、こんな投稿が。

https://twitter.com/gawa_love/status/618385910799843332

七夕や流れ星など、夜空には願い事を叶えてくれそうな、気持ちがつながりそうな、そんな気持ちにさせる不思議な力がありますね。

 

そして、「夜空」でSNS投稿が多かったのは2015年7月31日でしたが、その時にリツイート(拡散)されていたのがこちらの記事でした。

「Once in a blue moon」という英語の慣用句が「非常にまれな」という意味であるように、次のブルームーンは3年後の2018年1月までおあずけです。

ちなみに、ブルームーンと言っても実際に青い月が見られる訳ではないので、ご注意を!(‘ω’)

 

そしてもう一つ、こちらの記事も多くの人にリツイート(拡散)されていました。

この日は、ISSとブルームーンが共演した、貴重な日でした!

 

■まとめ

今回の調査で、「夕焼け」「朝焼け」「夜空」の全てに共通して多く使われていた言葉が、「きれい」でした。同じ空を見上げても、その時の時間、場所、天気、シチュエーションなどによって思うことは人それぞれですが、目線を上げて広々とした空を見上げて、きれいと感じた心を素直に言葉で表現して投稿する。そんな心の余裕を持ちながら生活していきたいですね。