中部の紅葉(愛知県②)|おでかけしよう!おすすめ紅葉スポットまとめ

みんなのお知らせ みんなの地元 愛知 おでかけレポ

出典 https://www.aichi-now.jp/
 

日本の秋といえば紅葉見物!もちろん愛知にも、紅葉を楽しめる自然スポットや庭園がたくさんあります。

せっかく愛知の紅葉ならば、尾張徳川家ゆかりの地などをめぐる風情あふれる紅葉見物はいかがでしょう?美しい庭や寺院で眺めれば、歴史と文化の香りただよう素敵な紅葉の景色が堪能できますよ♪

 

錦をまとうモミジの庭園

〇徳川園(名古屋市)

出典 https://www.aichi-now.jp/features/detail/120/

徳川園は名古屋市の中心部にほど近い、池泉回遊式の大名庭園。もともとは徳川御三家、尾張藩二代藩主光友の御屋敷跡でした。

高低差のある地形に樹林が植えられ、立体的に迫る大きな岩や山、滝などが配置された庭園は、まるで自然の景観が凝縮されているかのよう。

園内約300本のモミジやニシキギなどが色づく11月中旬以降は紅葉祭を開催し、秋の深まりを荘厳な雰囲気の中で感じることができます。夜間開園とライトアップも実施するので、昼間の庭園とは違った趣も楽しめます。
 
【来園者の声】

 

【徳川園】
 名称:徳川園(ホームページ
 所在地:愛知県名古屋市東区徳川町1001
 開園時間:9:30~17:30(入園は17:00まで)※夜間開園時は閉演時間を20:30まで延長
 料金:300円(中学生以下無料)
 最寄駅:JR「大曽根駅」徒歩10分
 例年の紅葉見頃:11月下旬~12月上旬

 
 

義直公を祭る自然公園で秋の散策

〇定光寺(瀬戸市)

出典 http://www.seto-marutto.info/photog/photog.html#joukouji

名古屋の奥座敷である「定光寺」は、紅葉の名所として知られる景勝地。尾張徳川家藩祖である徳川義直公の眠る墓所があることでも有名で、深紅に染まった紅葉との重厚感あるコントラストは見事です。

六角堂を配し正伝池を中心とする公園内にあり、自然散策をしながらの紅葉が満喫できるほか、同じく瀬戸市の岩屋堂では紅葉シーズンにライトアップを実施!定光寺とあわせて、楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
【来訪者の声】

 

【定光寺】
 名称:定光寺
 所在地:愛知県瀬戸市定光寺町373
 拝観料:無料(廟所のみ拝観100円)
 アクセス:JR中央線「定光寺駅」より徒歩約15分
 例年の紅葉見頃:11月中旬~11月中旬

 
 

尾張のパワースポット!「もみじでら」

〇寂光院(犬山市)

出典 http://www.jakkoin.com/momiji.html

犬山市にある寂光院は、白雉5年(654年)に建立された尾張の最古刹。寂光院のある継鹿尾山はかつて「霊山」と呼ばれ、今では「パワースポット」に名を変えつつ訪れる人が絶えません。

また寺院は別名「尾張のもみじでら」とも呼ばれています。約1,000本あるモミジは巨木が多くて一枚一枚の葉が細かく、色鮮やかに染まるので見応え十分!

毎年11月第2土曜日~12月第2日曜日には「もみじまつり」を開催していて、もみじまつり限定の名物料理「あゆは寿司」(アユの甘露煮入りの巻寿司)も楽しめます。
 
【来訪者の声】

 

【寂光院】
 名称:寂光院(ホームページ
 住所:犬山市継鹿尾山
 拝観料:無料
 最寄駅:名鉄「犬山遊園駅」より徒歩20分または車で5分
 例年の紅葉見頃:11月中旬~12月上旬

 

まとめ


おでかけしよう!おすすめスポットまとめ「中部の紅葉(愛知編②)」はいかがでしたか?

名古屋の中心地から霊山のパワースポットまで、見どころ豊富な愛知の紅葉!行楽の秋は、紅葉狩りをしにお散歩に出かけましょう♪

みなさんの行かれた紅葉見物のレポをお待ちしています!

次回もお楽しみに!


あなたの声がみんなにとどく、つながるスマホアプリ 「みんレポ」。
「みんレポ」は買ったものや行ったとこ、食べたものなど感動や体験を気軽に投稿できるアプリです。 今の旬な情報がリアルな声とともにわかるから、まだ知られていない新商品や居心地のいいお店などを発見できるチャンス。 投稿されたレポを企業が商品開発やリニューアルの参考に。あなたのレポから未来のヒット商品が生まれるかも!?
  • Get it on Google Play

関連記事