四国の紅葉|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

みんなのお知らせ みんなの地元 徳島 香川 愛媛 おでかけレポ

出典 http://www.kankakei.co.jp/
秋になると行きたくなる紅葉見物!日本全国がそれぞれに色づく中、4県からなる四国にも、もちろん名所といわれる紅葉スポットがたくさんあります。

日本屈指の渓谷や西日本最高峰など、四国ならではの絶景を楽しんで!

 
 
ロープウェイから紅葉を空中見物!

〇寒霞渓(香川県小豆島町)

出典 http://www.kankakei.co.jp/

香川県の小豆島の「寒霞渓(かんかけい)」は、日本三大渓谷美のひとつに数えられる日本屈指の名勝地。

切り立った深い谷間をすり抜けるように通るロープウェイに乗れば、奇岩を彩る紅葉と島全体色づく姿、美しい瀬戸内の海を一望できるすばらしい空中散歩が体験できます。

山頂には景観が楽しめる2ヶ所の展望台だけでなく、地元の味を楽しめるお土産コーナーやレストラン、総工費1億円のパブリックトイレなど充実の施設がそろいます。
 
【来訪者の声】

【寒霞渓】
 名称:寒霞渓(かんかけい)(ホームページ
 所在地:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙327-1(ロープウェイこううん駅)
 アクセス:草壁港から紅雲亭まで路線バス約15分、ロープウェイ乗り場下車
 例年の紅葉見頃:11月中旬~11月下旬

 
 
瀬戸内を一望できる西日本の最高峰!

〇石鎚山(愛媛県西条市・久万高原町)

出典 https://ameblo.jp/ishizuchi-sansou/
天を突き刺すようにそびえる石鎚(いしづち)山は、標高1982mと西日本でもっとも高い山。晴れた日には瀬戸内の景色はもちろん、中国、九州の山々までを見渡せます。

日本七霊山のひとつとして一度は登ってみたい山として知られていますが、登山道までをつなぐ石鎚スカイラインは、遠望と最高峰・天狗岳の雄大な姿を楽しむことができる秋に最適なドライブルート。

10月上旬より始まる紅葉は次第に南下して、日本の滝100選にも選ばれた「御来光の滝」を染め、11月上旬には山のふもとで白い岩肌に赤や黄色の紅葉が映える「面河渓(おもごけい)」などで絶景を楽しめます。
 
【来訪者の声】

 

【石鎚山】
名称:石鎚山(いしづちやま)
所在地:愛媛県西条市・久万高原町
アクセス:JR「松山駅」からJRバス「久万中学校前」下車、伊予鉄バスに乗換約3時間「土小屋」下車(石鎚スカイライン終点)
例年の紅葉見頃:10月上旬~10月中旬

 
 
遊覧船から秋を満喫!

〇大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)(徳島県三好市)

出典 http://www.miyoshinavi.jp/

四国のまんなかにある大歩危峡は、両岸には1,000メートル級の山地が続く、吉野川中流の渓谷です。

「歩危(ぼけ)」とは、川の両岸に山が迫る険しい場所のこと。結晶片岩が水蝕されてできた岸壁を紅葉が彩り、エメラルドグリーンの清流とのコントラストが楽しめます。

往復約30分で川を渡る遊覧船は、秋の風情を満喫できる絶好の紅葉スポット。大歩危の下流約3kmの小歩危も、美しい岩肌が大歩危に負けない景勝地です。
 
【来訪者の声】

 

【大歩危・小歩危】
名称:大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)(ホームページ
所在地:三好市山城町重実~上名
アクセス:JR土讃線「大歩危駅」徒歩15分(遊覧船乗り場)
例年の紅葉見頃:11月中旬~11月下旬

まとめ


四国の紅葉|おでかけしよう!おすすめスポットまとめいかがでしたか?

コンパクトながらも険しい山地をもつ四国地方は、雲を下に見るような霊峰で見る紅葉や、瀬戸内の海ともに眺める島の紅葉など、さまざまな絶景が楽しめます。

みなさんからの紅葉の名所のレポをお待ちしています!

次回もお楽しみに!


あなたの声がみんなにとどく、つながるスマホアプリ 「みんレポ」。
「みんレポ」は買ったものや行ったとこ、食べたものなど感動や体験を気軽に投稿できるアプリです。 今の旬な情報がリアルな声とともにわかるから、まだ知られていない新商品や居心地のいいお店などを発見できるチャンス。 投稿されたレポを企業が商品開発やリニューアルの参考に。あなたのレポから未来のヒット商品が生まれるかも!?
  • Get it on Google Play

関連記事