みんなの博物館「NIFREL(ニフレル)」|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

出典 http://www.nifrel.jp

 
大阪府吹田市千里万博公園の大型複合施設「EXPOCITY」内に2015年開業したミュージアム施設「NIFREL(ニフレル)」。

水族館、動物園、美術館のジャンルを超えたこれまでにない新しいミュージアムとして、オープン当初からとっても話題になっています。

子どもの大人も魅了する、新感覚ミュージアム「ニフレル」とは?

 
 
生きているミュージアム

出典 http://www.nifrel.jp
 
 
「水族館」や「動物園」の展示はどこも似ているなんてイメージを持ってはいませんか?

ニフレルは、同じく大阪で根強い人気を持つ水族館「海遊館」が初プロデュースした、まったく新しいタイプの“生きているミュージアム”

ダイナミックな海の姿は海遊館で楽しめるからこそ、ニフレルではまるでアートを楽しむように、直感的に生きものや自然の魅力を楽しめる新しい視点にチャレンジしました。

館内は、すべての生きものにとって快適な環境づくりをすることはもちろん、良い刺激や楽しんで暮らせるしかけのある、新しい発想を組み合わせた展示ばかり。

生きものの展示でよく見られる「環境再現型」とは違った、見たことのない形状の水槽や空間の展示に、初めての方は少しとまどってしまうかも?

でもその新しい展示には、子どもから大人まであらゆる人の感性を刺激し、心を豊かにするしかけがつまっています。

 
 
テーマごとに世界が異なる7つのゾーン
ニフレルのコンセプトは「感性にふれる」

ニフレルでは、それぞれの暮らす環境に合わせて色彩や形状、特別な能力などを身に付けた生きものたちの個性を独自の視点で切り取り、「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」の7つのテーマで表現しました。

生きものたちと、今までにない造形物、照明、映像、音楽を融合させた空間展示(インスタレーション)がニフレルの魅力。さらに人と生きもの、人と自然、人と人をつなぐ役割の「キュレーター」と呼ばれるスタッフが、私たちとコミュニケーションをとりながら生きものたちとの出会いをサポートしてくれます。

 

〇いろにふれる

出典 http://www.nifrel.jp 
 
ゆるやかに色が変化していく世界では、自然と色に意識が集中していきます。あなたが一番美しい色と感じる色は、何色ですか?

 

〇わざにふれる

出典 http://www.nifrel.jp
 
水をふく、砂に隠れる…生きものたちのオリジナリティあふれる「わざ」を間近に見られよう工夫された水槽が並びます。

 

〇すがたにふれる

出典 http://www.nifrel.jp
 
光のドットが終わりなく続く空間の中に浮かび上がる、生きものたちの不思議な姿。一見無機的だけど美しい造形物と、生きものの個性が調和します。

 

〇WONDER MOMENTS(ワンダーモーメンツ)

出典 http://www.nifrel.jp
  
吹き抜けの大きな空間に浮かぶ直径5mの球体とフロアに描かれるのは、アーティスト松尾高弘氏が描く光のインスタレーション。「自然現象の美しい瞬間」を切り取った映像と音楽が融合する、これまでにない光のアートが体感できます。

 

〇みずべにふれる

出典 http://www.nifrel.jp
 
木立を連想させる室間をぬけると一転してつながる、光が差し込む広く開放的な空間。そこでは水辺の環境に適応してきた、猛獣やめずらしい生きものが出迎えてくれます。美しいホワイトタイガーや全長約3mの巨大なイリエワニ、愛らしいミニカバ…クリアな水の中で見られる生きものたちの姿に、驚きと感動の連続です。

 

〇うごきにふれる

出典 http://www.nifrel.jp
 
ワオキツネザルが足元を走りまわったり、フクロウが頭の上をかすめたり…ここでは生きものたちの遊び場に、私たちがお邪魔させてもらう感覚。生きものが動き回る世界を、すぐそばで感じられるゾーンです。

 

〇つながりにふれる

出典 http://www.nifrel.jp
 
壁と床の2面スクリーンで、迫力ある立体的な映像が楽しめるシアター。自然・生きもの・私たち・現代社会の「同じもの」と「違うもの」、「つながり」を問いかけます。

 
【来館者の声】

 
 
太陽の塔&生きものたちを眺められるピクニック気分のカフェ

出典 http://www.nifrel.jp
 
“ピクニック”がコンセプトの館内カフェ「EAT EAT EAT(イートイートイート)」は、たくさんのグリーンがレイアウトされた、まるで外にいるような開放感を味わえるカフェ。

窓を見れば太陽の塔、もう一方ではホワイトタイガーやミニカバなど水辺の生きものが眺められます。

サンドイッチやホットドッグ、ソフトクリームなど、素材にこだわったオリジナルメニューのほか、生命にとって不可欠な水を新しい形で体験できる「食べる水」(税込250円・数量限定)は、ここでしか味わえない不思議な食感です!

出典 http://www.nifrel.jp 

 

【施設情報】
名称:ニフレル(ホームページ
所在地:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
営業時間:10:00~20:00(最終入館19:00)
休館日:年中無休 ※年に1回設備点検のための臨時休館日があります。
入館料金:大人(16歳以上)・高校生1,900円、小・中学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
最寄駅:大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩2分

まとめ

“生きているミュージアム”として話題の「ニフレル」いかがでしたか?

「人も含めて、すべての生きものは多様で個性的だからこそ魅力的だということを伝えたい」というニフレル。“生きている”からこそ、これからも展示を進化させ、多様性を表現していってくれそうです。

さまざまな生きものたちとの出会いによって生まれた驚きや感動は、きっとだれかと共有したくなるはず!みなさんの「ニフレル」に行かれた感想や、楽しいおでかけ情報をお待ちしています!

次回もお楽しみに!